ID非公開

2022/1/25 0:57

55回答

私の父の仕事について相談です。

職場の悩み223閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

>これも個人事業主なので自分がその責任を負うのだと思います 一応このコメントに答えますが、貨物自動車運送事業法を受けて定めている「貨物自動車運送事業輸送安全規則」では、運転者を雇用関係にある者に限定していません。 詳しくは、貨物自動車運送事業輸送安全規則の第3条に定めがあり、次のような制限しかしていないのです。 (過労運転の防止) 第三条 一般貨物自動車運送事業者等は、事業計画に従い業務を行うに必要な員数の事業用自動車の運転者(以下「運転者」という。)を常時選任しておかなければならない。 2 前項の規定により選任する運転者は、日々雇い入れられる者、二月以内の期間を定めて使用される者又は試みの使用期間中の者(十四日を超えて引き続き使用されるに至った者を除く。)であってはならない。 このコメントの方は、労働基準法と貨物自動車運送事業法の目的を混同しているのです。

その他の回答(4件)

0

どこの労働組合に相談するんでしょうか? ヤマト運輸の社員じゃないので大和運輸の労働組合はノータッチですし、委託は個人事業主なので労働基準法は関係ないですね。 休むためには人を雇ってその日回してもらうしかないですね。 委託と言ってもEAZYクルーですよね 前の宅急便をやる委託は日月は物量がおおちるので休めましたが、easyはアマゾン、ゾゾ、ユニクロなど普通の宅急便とは切り離してやっているので休みはないんですよ。

上の回答で >> 貨物自動車運送事業法という法律があり、 ・運転者の拘束時間は1か月につき293時間以内 ・最大運転時間は2 日平均で 1 日 9 時間を超えないこと、2 週間で 1 週につき 44 時間を超えないこと という制限があります。 また、事業者は「運行管理者」を置いてこれを守らせる義務があります。 と言う回答がありますがこれも個人事業主なので自分がその責任を負うのだと思います

1

雇用じゃないので労基関係ありませんね。 国が守ってくれる労働者は 雇用労働者です。 下請法もあるけど労働時間や 休みは関係無かったと思います、。 この場合、下請けは誰か雇用して 労基を守って仕事をしてもらい 自分の休み作れとなります。 対策は自分でするのが経営者。 だから貴方のお父様は 労基に守られる立場ではなく 労基を守って雇用する立場です。 だからヤマトは図に乗っているんだと 思うけどね。 マスコミにチクってやれば? ただ貴方のお父様が仕事失う 覚悟が必要ですけどね。 そもそもお父様は自ら仕事を貰っているのかもよ。 自営業は仕事を増やせば収入増えますしね。 確実に労基で守られる方法はヤマトの下請けを 辞めて自営業を廃業しヤマトに正社員や 契約社員やパート従業員として雇用してもらう しかありません。 たぶんそうなるとヤマトは雇わないと思うけどね。

1人がナイス!しています

1

とにかく証拠を集めること。数ヶ月証拠集めして(できればどんな証拠を集めれば十分か、事前に弁護士に相談)から、表に出しましょう。

1人がナイス!しています