詳しい方教えてください。

補足

皆さん回答有難うございます。兵器ひとつで色んな面が見えてきましたが地勢的にはウクライナ国内の新ロシア派、同じく新ロシア国ベラルーシ、実効支配してるクリミア半島というウクライナ包囲網ですがそれでもNATOには恐らく勢力で勝てないと思いますけど北方領土周辺と同じく海軍が出ていく絶対拠点の黒海がありますしロシアは絶対に譲らないと思います。最終的にはどういう形で緊張状態が終わるでしょうか?当初の主旨から外れてお聞きしてすいません。

ベストアンサー

0

こんな感じでしたね。ただ発射して何でワイヤー?というところで終わってましたんで実際はわかりませんがありがとうございます。ちなみにこれって侵攻する際に方向が概ね敵から把握されるのでやり返される際に格好の標的になりませんか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん有難うございました。

お礼日時:1/29 14:07

その他の回答(3件)

1

その映像ってこれですか? https://www.youtube.com/watch?v=Qr4JLC6cyBE (1:00くらいからのロシア軍の演習映像) もしこれであればロシア軍のUR-77 メテオライト自走式地雷除去発射機です。 https://blog.goo.ne.jp/sekiseikai_2007/e/dfc7d6c5494a2edcde917fbc7fd3746d これはワイヤーに多数の爆薬を付けた「爆導索」と呼ばれるものをロケットで飛ばし、爆導索を爆発させ、ワイヤーの近くにある地雷を誘爆させて、まとめて一気に吹っ飛ばす。 https://www.youtube.com/watch?v=_ezP-79dYbs 本来はそういう地雷を処理する車両なのですが、ロシア軍の演習映像では何か民家に投げ込んでふっ飛ばしています。 この車両は大量の爆薬を前方に投げる能力があるため、ロシア軍はシリア内戦で「市街地に投げ込んでゲリラや住民をまとめて吹っ飛ばす」という使い方をしています。 https://www.youtube.com/watch?v=dRcjK_9LXpE 数十棟の民家をまとめて吹っ飛ばす威力があります。 ニュース映像での使い方も地雷処理ではなく、民家や建物を破壊する目的で使う演習の映像なのでしょう。 こんなものを市街地で使われたら無論、多数の市民も巻き添えになる。恐ろしい使い方です。

1人がナイス!しています

ただこの使い方には疑問も呈されています。 本来は地雷を処理する車両のためロケットの射程は長くても数百メートルを短い。しかも車両は多数の爆薬を搭載している。 「走る弾薬庫」みたいなもので前線で自分が攻撃されたら簡単に撃破され、周りの兵士を巻き込んで派手に誘爆すると言われていますね。

0

対空ミサイルではなく対地ミサイルです。 ワイヤーは誘導のための電線です。

0

有線誘導ミサイルじゃないですか。 ミサイルの先端にカメラがあり、光ファイバーを経由して射手へ送信。 射手はその映像を見ながら標的へミサイルを誘導する方式です。 当然ケーブルの長さという制約が存在しますが、目視できる標的に対して使うので途中でワイヤーが足りなくなるということは無いです。 メリットとしてはチャフなどの妨害を無視できることです。人間が画面越しに遠隔操作しているので、無線妨害を受けることなく標的にぶち込めるシステムになっています。