ここから本文です

江戸期のお医者様が使用していたと思われる抽斗のあるおかもちのような小さな小箪...

yu_********さん

2009/4/3000:01:08

江戸期のお医者様が使用していたと思われる抽斗のあるおかもちのような小さな小箪笥?のようなものが出てきました。その抽斗のひとつに直径1.5cmほどの丸い穴があいています。何かご存知の方いらっしゃいますか?

補足横30cm高さ30cm奥行き23cm
下一段は幅27.5cm高さ10.5cmの抽斗で、上は幅2列に別れ幅13.5cmで右は上高さ4cm下11cmの2段です。
左は上から3cm、3.5cm、7cmの深さの抽斗でその7cmの抽斗の底前より4.5cmのところに穴があけてあります。
上部分には棒をとおすような取っ手もあります。左右横の板一枚板で後付けではない角棒穴です。左は切り取った後のみ。

閲覧数:
192
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oni********さん

2009/4/3014:32:47

小引出が多段になっていて、その穴に指を入れて引き出して、薬草や漢方薬を入れる薬ダンスではないか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる