ここから本文です

何で「助手席」って言うの?

beaglemuseumさん

2009/5/711:49:04

何で「助手席」って言うの?

何で「助手席」って言うのでしょうか?

となりに座る人はたいてい寝ているのですが・・・

閲覧数:
106,656
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

masahana1227さん

編集あり2009/5/714:47:22

有力な説は二つあります。

大正時代、街中を流す交通手段は人力車がハバをきかせていて、タクシーなどすごく珍しかった時代です。当時、タクシーには運転手と共にもう一人、客の乗り降りを助けた人が乗っていました。なんせ、当時のタクシーは外車で車高が高いうえに、お客さんは着物姿。当然、乗り降りには手助けが必要でした。そして、彼らは「助手さん」と呼ばれていました。それから「助手席」という言葉が生まれて、タクシーの台数が増えるにしたがって「助手席」という呼称が定着していった…と言われています。
しかし、昭和に入って人件費が高くなったため、タクシーに「助手さん」が同乗する習慣は消滅してしまいましたが、言葉だけはそのまま残ったというわけなのです。

もう一つの説は
今はキーをひとひねりすればエンジンがかかるのですが、昔は、クランクシャフトに、棒を突っ込み、(今のジャッキハンドルのようなものです)それを両手で、回転させて、エンジンをかけたのです。昔の映像でご覧になったことがあるでしょう。
そのときに、運転席で、アクセルの微妙な踏み加減が必要だったために、(一昔前までは、セルモーターはついていたものの、チョークレバーや、ハーフスロットルなど、冬のエンジン始動には、一種の「儀式」のようなものがありました。)一人でのエンジン始動は困難だったと思われます。また、今のようにステアリング(ハンドル)も安定していないし、ましてや今のように舗装道路ではなく、砂利道を走るものでした。ですから、運転手は、必死でハンドル操作をし、道を探す余裕など無かったはずです。
そこで、先ほどエンジンをかけた人間が、運転席の隣に座り、道案内の補助などをしたのです。また、それよりも昔、車がまだほとんど走っていなかった頃には、(馬車の時代)先ほどの運転席の隣に座った人が、「ランプ」を持って車から降り、車の前を走って、車の接近を知らせ、道をあけさせたという話を聞いたこともあります。また、ウインカーもありませんでしたから、助手が合図を出してもいました。以上のように、運転席の隣に座る人は、現在のように何もせずにただ座っているだけではなく、上記のようなさまざまな雑用を行っていたのです。ですから、運転席の隣の席を「助手席」というよ うになったのです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

b_fifty_oneさん

2009/5/712:41:18

英語では、ナビゲーターシートですね。

つまり、地図を見たりして運転者に指示を与える人が座るためのシートということです。

今でも、ラリーなどでは、ナビがコースの状況をドライバーに常に指示していたりしますが、昔は道路も未舗装で信号や交通標識もなかったりしていたわけですので、そういう人が居ないと安全に車を運行できなかったんですね。

bwds98さん

2009/5/712:01:51

昔、自動車の出始めの頃、当然、信号機とかも無いために安全確認とか、本当に助手が乗って、ドライバーのアシストをしていたからですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。