ID非公開

2022/4/5 12:39

22回答

全国転勤の方々の生活について教えてください

就職活動 | 単身赴任、転勤114閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

会社によりますが、家は借り上げ社宅に住むのが一般的です、借り上げ社宅とは、一般の賃貸マンション・アパートを会社名義で借り上げて、そこに家賃よりも安い「社宅使用料」を会社に支払うことで従業員が住めるというものです。会社によりますが、社宅使用料は、家賃の3分の1~半分程度に設定されていることが多いと思います。 持ち家を買うよりもコスパが良く、貯金ができるため、借り上げ社宅に住める間は持ち家を購入しない人が多いです。 そのうち、本社部門(一般的には東京などの大都市)に勤務することになって、持ち家を購入した後に、転居を伴う異動があった場合は、その家を貸すか、或いは単身赴任という選択になります。 子どもが小さいうちは、家族帯同で引っ越すことが多いですが、子どもが中学生くらいになると、高校受験~大学受験を見据えて、単身赴任という選択肢をとるご家庭が多いと思います。 海外への赴任の場合は、現地に日本人学校がある場合でも中学校までになり、そこから先は現地校へ入ることになるので、子どもがその先どういう人生を送りたいか、例えばその土地に腰を据えて働きたいか、或いは高校まで現地校で、大学は帰国子女枠での入学を目指すかなど話合うことになります。 家族との関係ですが、出会いという意味では、大学時代付き合っていた人と結婚するケースや、転勤先で知り合って結婚するケースなど様々です。 当然、親とは、離ればなれにはなりますが、これは転勤族でなくても、田舎から出てきて大都市で働くケースではどれもそうだと思います。 何を考えて何を感じているのか?ですが、行った先々で様々な経験ができますから、1度しかない人生を、「そこで生まれてそこで死ぬ」という生き方をするのか、それとも広い世界で羽ばたいてみるのか、人それぞれどういう生き方を好むのかの選択だと思います。 ちなみに、私は海外赴任もしましたが、その土地の「地球の歩き方」に載ってる場所は全て行きましたし、日本という国を客観的に見る目を持つことができたので、良かったと感じています。

1人がナイス!しています