新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2022/4/25 10:55

77回答

ウクライナから来たペットと狂犬病について。

ペット | イヌ220閲覧

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

その他の回答(6件)

2

>暴露後のワクチンは高額 と言うことではなく、、、狂犬病に感染したら....人間の致死率はほぼ100%です。。。高額とかの問題ではないです...

2人がナイス!しています

1

よくわからないけどすでに日本に狂犬病持ち込んだ人いるし 自分が狂犬病ワクチンを受ける以外にやれることはないのでは? 2020年6月15日 13:58 狂犬病発症の男性死亡 フィリピンで感染、愛知 ニュース動画https://youtu.be/yLpsLxEJOqg

1人がナイス!しています

0

おおむねあってますが、狂犬病ウイルスは唾液に含まれるんで 引っ掛かれても問題ないです。まあブルースリーみたいに 指先ぺろっとやってから引っ掛かれたら感染しますが。

3
ID非公開

2022/4/25 11:44

そもそもの話として、日本に海外から犬を連れてくるには予め書類が色々と必要で、狂犬病になっていないことを示す書類を日本側に提出する必要があります。 今回の問題は、出国するに当たってそれが用意できず、日本に入国する段階で検疫所から"180日間の隔離"を到着時に言い渡されたことです。 そして、その間は1日/約3,000円の費用が必要であるということで、避難してきたウクライナ人に支払い義務がありますが、費用が避難してきた人たちには高すぎる事に加えて"費用が支払えないと殺処分"というメールが出ていたということで批判されています。 殺処分については農水省が認知していないメールなので真偽不明ですね。新たに農水省が出した特例というのは、本来であれば国際救助犬に適応される措置で、出国する前に必要な手続きを入国時に行い、2回のワクチン接種歴と抗体価検査をして問題がなければ、最大180日間の隔離を免除して連れて行けます。 ただし、1日2回の健康観察に加えて週1の動物検査所に対する報告が求められる形になります。 これは、前からある特例をウクライナから来るペットだけに認める形ですから危険な要素はないでしょう。 個人的には東南アジア地域やインドに適応するなら反対ですけど、農水省の条件付き特例ならやっても良いと思います。

3人がナイス!しています