小規模のリフォームを請け負っている事業者です。「建設業許可」をもっていないため500万(税込)までの工事を受注しています。

企業法務、知的財産 | リフォーム184閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

アドバイスありがとうございます。 店舗や宿泊施設などのリノベーションなどでは設備が入ってくるため度々500万を超えるパターンが出てきております。 参考のURL添付ありがとうございました。 勉強させていただきます。

その他の回答(2件)

2

①木造住宅工事は150㎡未満まで(金額の上限なし) ②建築一式工事は1500万円未満まで ①又は②の場合は建設業許可が不要です。 質問の「第一期工事」などどと書くのはむしろ怪しい気がします。 前の工事が完了した時点で次の工事があることを知らなかったのであれば、また新たに仕事が発生したことになるのではないでしょうか。

2人がナイス!しています

アドバイスありがとうございます。 比較的規模の大きいリフォームになっており、「確認申請を伴う工事」または「新築」等にならないため「軽微な工事」に分類されると理解しておりました。 また、工事完了前に追加などで相談を受けており、金額が大きくなることから合計した場合500万を大幅に超えるケースが何件か出ております。 工事名称の分け方については勉強になりました。参考にさせていただきます。 感謝申し上げます。

3

500万を越える仕事が頻繁にあるのなら、許可を取った方が良いかと思います。 その方が信頼度も上がるでしょう。

3人がナイス!しています