ここから本文です

漢民族はなぜ三藩の乱でも太平天国の乱でも異民族の満州人を排除しないでむしろ満...

twi********さん

2009/5/1317:18:08

漢民族はなぜ三藩の乱でも太平天国の乱でも異民族の満州人を排除しないでむしろ満州人に協力した人たちが多かったんでしょうか? 日本人なら異民族排除に一丸となると思いますけど。

閲覧数:
503
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/5/1512:41:59

中国人、主に漢民族は他民族による支配を嫌いますがそれ以上に自分たちの利益を犯す存在を嫌います。満州人の支配が漢族にとって許容できるものであり支配階級や特権階級の利益を犯すものではなく保証するものだったからです。この点、李次成の方が危険ととられました。また、あまり目立ちませんが順治帝は康煕帝並みの名君ともいわれます。この間に漢族を満州人の間に取り込み違和感なくさせてしまいました。もちろん満州人に対する言論弾圧ありましたが、中国文化を重んじたのです。
康煕帝は度重なる減税を行い善政を施しています。この頃になると官僚から軍から有力商人からみな清朝に取り込まれています。また、八旗はすでに貴族化して漢人による緑営が戦闘集団の主体です。
また、呉三桂らは明朝の残りを追い詰め殲滅しています。大義名分がないのです、自分たちが明朝を滅亡させ、満州人を追い出せなどといっても民衆がついて行くはずがありませんでした。
太平天国の乱でも味方に付いたのは窮乏した民衆たちで既得権益のある役人、地主、大商人からすればとんでもないことでした。満州人云々より自分たちの権利を守る方が重要です。ですから清朝軍がダメだと分かると李鴻章などが中心となり郷勇を結成し太平天国を滅ぼしたのです。しかしながら、この郷勇から北洋軍が出来李鴻章を次いだ袁世凱により清朝は滅亡されられます。

大切なのは自分たちの利益を確保してくれる政権が民族云々より大切であったということです。

質問した人からのコメント

2009/5/15 14:05:16

成功 民族より利益と利権の確保が優先ですが、なるほど。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kum********さん

2009/5/1318:08:27

元々協力する気持ちがなければ、科挙など受けないでしょう。科挙を受けるのは満州人の政権を認めているからですよ。認めていない人々は科挙など受けないで抵抗勢力に回っています。

日本人なら、といいますが日本人にも色々いて、必ずしも異民族排除に回るとは限りません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる