ディーラーに車検で車を預けました。タイヤローテーションもしました。 その数日後、洗車時にタイヤ4本のホイールのナット部分(4箇所)の多くが 削れて塗装がハゲているのに気づきました。

補足

系列の他ディーラーにも見せ、本社相談窓口にも、メーカーカスタマーセンターにも電話を入れました。使いませんでしたが保険会社にも連絡し査定も受けました。これでそのディーラーがどういう対応をしたのか、関係者に知らしめる形になったと思います。 実はディーラーでホイールを見せた後、給油で立ち寄ったスタンドで、後輪のワイヤーが切れてタイヤ側面が膨らんでいると指摘されました。あれだけホイール周りを確認していて、高速を走れない状態に膨らんでいるタイヤも見落としていること(事故に繋がりかねない状態を指摘できない)に呆れ、それもあって相談窓口に電話を入れる決心をしました。 また、車検時帰る時に、サイドブレーキを解除してもブレーキ表示が消えず再対応など、いろいろあリマした。質問はホイールに絞りましたが…。 もう杜撰なこの会社に車を安心して預けられないので、お世話になりません。今まで扱っている車についてはディーラーが一番わかってて、安心と思っていましたが、そうでもないということがわかりました。 また皆様にこういう事もあるのだと知っていただけたかと思います。 アドバイス、どうもありがとうございました。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ありがとうございます。メーカーにも会社本部のお客様相談室にも電話をしました。メーカーは製品を納入し、お店の作業や接客は管轄外なので指導する立場になく、何もできませんとのことでした。 本社もその店舗に確認してお返事します、とのことでしたが結果、ディーラーの対応が覆るとかはありませんでした。 系列の他ディーターへ飛び込みで行き、そこの技術者に見せて電話したので、そのディーラーとスタッフがどういうことをしたか、社内での把握にはなったと思います。会社側も自分達のしていることがよくわかっていると思います。なかった傷だと言っても証拠がなく、どうにもなりませんでした。これが精一杯でした。

その他の回答(8件)

0

元自動車販売店の営業マンです。 過去に対応したお客様のなかに、同じような内容でクレームを入れられた方がいました。 ナットを外すのにレンチを使いますが、ナットとレンチは接触し力を加えて回しますから傷がつかない方がおかしいです。 そこで、傷がつかないようにするためにナットソケットが活躍するのです。これを使っているディーラーはとても親切なお店ですね。 あなたのナットの傷がどのくらいのものなのかがわかりませんが、事前に、傷がつかないようにお願いすればよかったのかもしれません。

1

超高級ホイールを扱うために、 それようにコーティングレンチもあるのですが・・・・

1人がナイス!しています

ありがとうございます。レンチを抜くときに当てたのでは、と整備士さんから言われましたが、その場を見てるわけではないので、うちでは傷をつけるような作業の仕方をしてません、の一点張りでした。

0

気持ちが分かります。 クレームする。 他のディーラーに切り替える。

ありがとうございます。担当ディーラーにも、管轄本社の相談窓口にも、そして他ディーラーにも出向きましたが、会社ぐるみで担当ディーラーの対応を庇うばかりです。そういう会社でした。なので、もうその会社にお世話になるつもりは無くなってしまいました… 小さいとはいえ、複数削っておいて、それを黙って返されたことが非常に残念でした。「手際が悪く削れてしまいました」と一言あれば、「じゃぁ、タッチアップで目立たないよう塗ってください」で済んだのに…

2

修理側、ユーザー側両方の目線でお話しします。 修理側としては、 (それがそうかわかりませんが)そのようなナットはかなりの確率で傷がつくのでやりたくないそうです。 ですが断るとそれも問題となるし、追加料金もとれないし散々だそうです。 法的な見解では、ユーザーは作業を依頼してるわけで、 通常の作業で当然傷ついてしまうことは、修理側の責任にはならないそうです。 ディーラーが「傷がつかない方法でしてる」は適当な言い訳と思います。 まともな修理屋なら、そのようなナットは傷がつく可能性を事前に説明すると思います。 ユーザー側としては 上記修理側の見解を予め知っていればそれなりの対応できたと 言いたいことろですね。 結論としては、法的にはディーラーがナットを弁償する義務はほぼなく、ディーラーのお情けで弁償してくれるかもしれません。 そうなったとしても、上記修理側の見解でお分かりと思いますが、面倒くさい客としてマークされる可能性が高いです。 ぶっちゃけ言うと。 傷つけられたくなければ自分でやるか、追加料金払うかなんですね。 知らなかったのであればどうしようもないですけど。

2人がナイス!しています

1

まずですね、ほかの整備者に確認してもらっても意味ないです その指摘した人が整備士資格を持ち、どこの所属で、名前はなになに、 それをつけて申告する、という法的行為に発展できなければ全く意味ないです 逆に、その指摘をした整備者にディーラーに指摘条項について確認と対応をするように求めたら、まず尻込みするでしょう 外野からはなんとでも言えます もし可能であれば、その指摘した整備者に前に出てもらって 販社(本社)にクレーム入れるしかないと思います

1人がナイス!しています

ありがとうございます。おっしゃること、ごもっともと思います。他の方のアドバイス通り連絡を入れました。その前に、系列の他のディーラーへも行きました。もう、自分のホイールをどうにかしてくれるとは期待せず、でも、こういう状況でこういう対応をしている、ということを突きつけることにはなったと思います。私にできる精一杯だと思います。駆け引きなしできちんと技術者としての経験と目で判断しての判断をいただけたと思うので、電話もできました。