回答受付が終了しました

ID非公開

2022/5/9 1:05

3131回答

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という言葉を知人から聞いて初めて知りました。なるほどー!と思いましたが、家に帰ってからよく考えると「待てよ、経験に学ぶ事ってそんなに愚かな事なのか?過去に盲目な者

2人が共感しています

回答(31件)

2

『愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。 私はむしろ、事前に自らの誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む。』 だそうです。 人の振り見て我が振り直せと似てるようなものです。 自分の経験から学ぶことも大切ですが、愚者は自分の経験からしか学ばないため、全部の失敗を経験しないと学びません。 しかし、賢者は他人の失敗(歴史)を見て学び回避します。 愚者は、自分の経験からしか学ばないため道路を中央で歩いていたら馬車にひかれて死にました。愚者は中央で歩くと馬車にひかれるという体験をしたことがないため学びがありません。だから死にました。 しかし、賢者は過去に中央には馬車が通ることを知ってます。中央で馬車にひかれて死んだ人を知ってます。 中央を歩くと馬車にひかれて死んでしまうことを他人からの情報で学んでいるため隅を歩きます。結果、賢者は生きることができました。 簡単にいうとこういうことだと思います。 自分が失敗したことから学ぶことはいいと思いますが、同時に愚者は自分の経験からしか学ぼうとしないため、他人の失敗から学ぼうとしません。結果的に、愚者の経験したことのない失敗は新たに愚者の失敗として体験することになります。 賢者はそれを回避するために他人の歴史を学び、失敗数を減らしているということかなと思います。

2人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

1

経験も歴史の内では?wwwwww 自分の人生の歴史ってあるでしょ?www 誰だよそんなホラ吹いたやつはよ ゼハハハハ!!!!!!!!!!!!!!!

1人がナイス!しています

0

私も言葉の背景や前段、どころか誰の言葉かも知りませんが^^; 経験=失敗してから学ぶ→愚者 自分は未経験でも失敗前に、歴史(他者の経験等)から学べる→賢者 ということではありませんでしたっけ?と、私は思ってました。 失敗してから学ぶのも愚かという程ではなくごく一般的な人だとは思いますが、歴史に残る超(超超超超超)一流と、その時代としては一流でも歴史には残らない歴史的には凡人との比較なのでは。勿論一般の凡人等は比較すれば愚者で。 過去や書物から(正しく)学ぶ事と、過去や知識に固執し盲目的に囚われる事も別です。 だから二つの言葉は別に矛盾もしていないと思う(´・ω・`)

0

三度目の正直,,,、、、、、、、、、、、、、、、、二度有る事は三度有る。。。。