回答(20件)

4

民営化前は日本国有鉄道で公社でした。 日本国有鉄道を略して国鉄と呼んでいました。 アルファベットの略称はJNRでした。 Japanese National Railways の頭文字でJNRです。 ただし、今のJRとは異なり、JNRの呼称はほとんど普及していませんでした。

4人がナイス!しています

1

「国鉄」って言ってました。 で、国鉄で働く人のことを「国鉄マン」なんても言ってました。 女性もいるだろうに、何で「マン」なんだろう…?って今なら思いますが、 記憶を辿ると、そういえば国鉄で働いてた女性って、掃除のおばちゃんと売店のおばちゃんばかりで、駅員は男性ばかりだったような…

1人がナイス!しています

5

なんだか時代を感じさせる質問ですな 1987年のJR発足以前に「ジェイアール」という言葉は殆ど聞いたことは無かったですな 精々、テレビ朝日が鳴り物入りで放送したものの、大コケした米国ドラマ「ダラス」くらいでしょうな(主人公がJRと呼ばれていました) 「国鉄」というのが当たり前でしたね ちなみに首都圏や京阪神圏などの通勤型電車や路線は「国電」と呼ばれていました JR発足後、JR東日本が「国電」に変わる名称として「E電」という言い方を大々的に発表しましたが、まったく浸透せず、完全に死語になってますな ちなみに私の親世代(昭和一桁)以上の人たちの中には「省線」という人もまれに居りましたね 日本国有鉄道発足以前はいわゆる国鉄は鉄道省の管轄でしたので、戦前にはこう呼ばれていました 「省線」といってしまう人たちを、「うわっ、年寄」と思っていたワシですが、時折、「国鉄」と言ってしまうことも有るので、現在ではワシがそう思われているのだろうね

5人がナイス!しています