回答受付が終了しました

育児休業での社会保険料免除に関して 10月からルールが変更になると聞きました。 以下の理解で間違いないでしょうか。

回答(3件)

0

整理すると、改正後の免除特例は次の通りです。 1) 賞与の保険料は、育児休業期間が1ヵ月以内の場合は、月末を含んでいても免除されない。 2) 給与の保険料は、育児休業期間が1ヵ月以内でも月末を含む場合は免除される。 しかし、育児休業期間が1ヵ月以内で月末を含まない場合は、育児休業期間が14日以上の場合に限って免除される。

0

育休自体は、取得奨励です。 でも、賞与からの免除目的で、賞与月の月末だけに取るのは、 やめてください。 必要な時に、必要な分を取りましょう。 という話ですね。 6月30日 に 育休をとっていると 6月の健康保険料、厚生年金保険料 (7月支給給与 と 6月支給賞与) は免除ですね

0

>ただボーナス月への偏りを無くす為にボーナス月は1ヶ月以上の休みでのみ免除となった。 1か月超の場合です。 >1日休業が問題になってるから法律変わるって思ってたのですが改正内容を見るとむしろ奨励しているとも見れますが間違いないでしょうか。 とにかく、男性の育児休業取得率を上げたいんです。 細切れでも取得できるように、まずはきっかけとなるように、何でも取り入れているという感じです。 >6月30日に子供が産まれたとして、6月分でこの制度を利用する事は出来るのでしょうか。 改正前ですが、月末に取得していれば、月の保険料は控除されます。また、改正前なので、賞与支給月であれば、賞与の分の保険料も免除されます。