回答受付が終了しました

Aくんは300円持っています。120円のコーヒーを買いました。お釣はいくらでしょう? これの答えって「決まってない、不定」で良いですか? 300円の小銭の内訳が無いからです。

算数419閲覧

回答(8件)

1

いくら残るでしょう?が正しい問いではないでしょうかね。 このままだと不定ですね。

1人がナイス!しています

4

まず問題の内容からして小学生低学年向けの問題であると仮定します。 であれば出題者はこの問題から 300-120という立式ができるのかどうかを確認したいという意図が読み取れます。 突き詰めて考えれば『不定』という解が正しいのかもしれませんが、出題者の粗を探すよりも出題者の意図を読み取るようにした方が、今後のテスト対策としては有効に思います。 仮定が間違っていて大人向けの問題なのであれば、解は『不定』一択です。

4人がナイス!しています

0

お釣りはいくらでしょう?と聞かれているのでお釣りが無い想定は排除が必要です。正解はこの2つではないでしょうか。 パターン1 100円玉3枚の場合 100円玉2枚出せば良いから80円 パターン2 100円玉1枚又は2枚、残り全て50円玉 150円出して30円

0

私がその問題を出されたら、支払った金額により場合分けし、 「ただし、支払う方法はその他にも複数あり、正確な結果は出せない。消費税は含まれているものとする、」 とします。 小学校のテストなら、300円を支払ったものと仮定して計算します。 出題側が出題ミスと判断したら全員正解となるので、たくさん書くだけ時間を損します。 出題ミスと判断しない場合は、300円と仮定されている可能性が高いので損失は最小限に抑えられます。 テストというものは正解と言えるものが複数考えられ、そのなかでもっとも合理的なものを正解と判断するものです。 結局万物の尺度となるのは自然科学の世界であっても人間です。