ドラマ「悪女(わる)」は、旧作(1992年版)と今回、どっちが面白いですか? 久々に面白いドラマを見ました。 日テレで水曜日夜10時台に放送中の、表題のドラマです。 痛快ですので。

ドラマ | コミック282閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

>なぜなら、精神的に大人がたくさん出て来ます。 タバコを吸って、酒を飲んで、アフターファイブを楽しむみたいな? 話も、なんとなく相手を諭す話し方をします。 そういう感じだったんですか。 私は禁煙なので今の時代版が歓迎ですが、他については、見ていて華やかさの感じられる旧作の方が面白そうですね。 上司も自信や貫禄のある人物(そういう俳優さんが演じていた)みたいで、面白そうですね。 今の版、心臓発作で倒れた5/11放送分の上司さんには、それがあまり感じられませんでした。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

あなた様のご回答をBAといたします。 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:5/22 10:10

その他の回答(3件)

1

石田ひかり版のほうがいいです。 今田美桜ちゃんも可愛くて、演技も頑張ってるけど コミックの再現をやらされすぎてるのか ドタバタ感がすごいし うるさくて学生のノリみたいな延長がいまいちなんだよなあ。 あと、衣装というかファッションが酷すぎる。 石田ひかりの時は当時のOLファッションスーツなどが楽しかったけど 美桜ちゃんの方は、あんな服で絶対オフィス行かんだろ?ってほど ダサい。ヘアスタイルもオカッパでない方がよかった。 ストーリーは令和版で時代に合わせて頑張ってるみたいだけど やっぱり 全体的にちぐはぐで子供っぽすぎ。

1人がナイス!しています

逆に今回の方がいいです。 主人公のような境遇の方は、今時、あのような服装・髪型の方も多いようですし。 旧作はバブルの直後だから、そういう風にビシッと決まっていないと様にならなかったんでしょう。 あと、旧作は、まだまだ強かった男社会に抗うエピソードが多かったと思います。 それも見どころだったんでしょう。

1

1992年版の主題歌、挿入歌がよかったです。特に挿入歌の「もう一度逢いたくて」。

1人がナイス!しています

3

石田ひかり版はロールプレイングゲーム風の演出があり確かタバコも吸ってて当時の時代にあってた印象ですね。(カワイイながらも)よりワルっぽさもあって。 今の悪女は昭和•平成らしさを感じるところがあって私は面白いけど、若い世代には伝わるのかな?って心配はしてます(-。-;(平成の頃のを無理に今風に合わせてるような感じ) 基本どっちも面白いんだけど、私は旧悪女の峰岸役倍賞美津子が非常によかったので(江口のりこも良いのだけど)どちらかなら旧悪女を推しますね^_^ ただ深見じゅんファン•旧悪女ファンの私が毎週楽しみにして視聴してるので、今の悪女も非常に出来は良いと思います。

3人がナイス!しています

>確かタバコも吸ってて当時の時代にあってた印象ですね。 今は禁煙ですからねえ。 ただ、このタイトル故に、不良少女のドラマと思った方もいたかもしれません。まだその全盛期が遠い過去ではなかったので。 他、その放送枠(日テレ土曜夜10時台)は「傷だらけの天使」(1974年~75年)以来ドラマ枠ではなかった事、特にその終了直後以後1984年まで放送されていた「ウィークエンダー」の記憶も濃厚だった上に、その終了後そこまで当たった番組がこの枠にはほとんど無かった事などで、本放送枠ではよく言えば穴場、悪く言えば盲点だったかもしれません。 なお、この枠の次の次「綺麗になりたい」は私もリアルタイムで少し見ていて、おもしろいと思いました。