回答受付が終了しました

ID非公開

2022/5/12 22:22

2323回答

「蛙の子は蛙」について。

補足

みんな同じような回答ばかりですね。 親のいいところや悪いところは、その息子や娘にも現れると言ってしまうとおしまいです。それは嘘の言葉です。 蛙の子はオタマジャクシです。 どうなんですか。

日本語 | 哲学、倫理2,226閲覧

1人が共感しています

回答(23件)

2

あなたの指摘は意外とみんな気が付かない点について鋭いメスを入れています。 「カエルの子はカエルだ」というのは 「血は争えない」という一種のいわゆる古く悪しき決めつけ思想と同じものです。 同じ古い!?時代の言葉として「氏より育ち」の方が自分的には納得できるし、いろんな子供たちに対してのまなざしはそうあるべきだし、そのようにして育んでいこうという視点が大人たちには要るのではないでしょうか。 自分も物心ついたころから時々大人から耳にした「蛙の子は蛙」は否定的な言葉だなとか差別視する者がよく使っているなと感じていました。 生物学的には確かにおたまじゃくしが子供であるし、おたまじゃくしが生物的な身体としては蛙にしかならないとしても長い進化の過程では、その生物論でも完全ではなくて進化・転化して行ったのが地球史的には在るというか、むしろその延長(蛙がという意味ではなくて、生命進化の延長線上に)にヒトも在る。 だからあなたの言おうとしていることは2つの指摘が秘められているのだと思いました。

2人がナイス!しています

ただ、「氏より育ち」というのも「血は争えない」への否定ではありますが、限定的な範囲でなら使えますが、やや問題はあります。がここの話ではないから割愛します。

1

そう思うのであれば、「蛙の子はオタマジャクシ」と使えば良いと思いますよ

1人がナイス!しています

1

カエルの変態前の幼生には、かたちが調理器具の玉杓子に似ていることから、オタマジャクシという呼称がある。四肢が出現し尾と内鰓が消失して成体となる。

1人がナイス!しています

6

蛙の子はオタマジャクシだから、この言い回しが存在している。 蛙の子が蛙の姿だったら意味がない。 人間の子は人間。って言ってるようなもん。 釣りですか?

6人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/19 11:16

人間の子は夢も希望もある、何になるか、どうなるかわからない存在です。

0

親と子は同じ遺伝子です。親は必ず2人居てミックスされているから出来上がった子供がまるで別ものに見えてしまい勘違いしているだけです。親と子の遺伝子は同じものを持っています。 わかりやすく言いますと例えばコーヒー(男親)と牛乳(女親)が居て混ぜるとコーヒー牛乳(子供)が出来るわけです。コーヒー牛乳は同じコーヒーと牛乳から出来ています。

ID非公開

質問者2022/5/19 2:09

蛙の子は蛙という言葉は遺伝子とはほとんど関係ありません。 蛙の子は蛙 「子は親のたどった道を歩むものだ、また、凡人の子は凡人にしかなれないものだ」 「子どもは、小さいころは親に似ていなくても、あるいは親の仕事とは違う世界に興味をもっていても、結局は、親に似たり、親の進んだ道を歩んだりするというたとえ」 こんなの、ちゃんちゃらおかしいでしょ。