こどもの癇癪について

子育ての悩み70閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま、ありがとうございました。 具体的にわかりやすく説明くださった方をベストアンサーとさせていただきます (*ˊᵕˋ* ) 他の方々も大変参考になりました。 行つ戻りつしながら、子育て頑張っていこうと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:5/18 22:00

その他の回答(2件)

0

幼児の癇癪はその多くに原因があると色々なもので目にしました。 一度、原因は何かとじっくり考えてみることも大事なのかなと思います。 4歳のお子さんにとっては、登園するよりも目の前にあるものに興味を持ってしまっている状況です。 まだ4歳ですから、片付けの必要性、重要性もわかっていませんし、ましてや時間の感覚もありません。 どちらが良いかと聞かれても、すぐに決められないことも、思ったことを口に出せないこともあります。 お母さまが思うようにしてほしいと色々言っても、それをまだ理解できないし、やらなければいけないこともわかってないのではないですか。 生まれてまだ4年です。 ”できないことばかり”が当たり前なのです。 それを無理にやらせようとすると、気持ちが上手くコントロールできなくて癇癪のような状態になると思うのです。 「癇癪は、子供が私たち大人たちに何かを訴えたい、伝えたいという気持ちの表れだ」という一文をあるサイトで見ました。 癇癪が増えてきたというのは、お子さんが訴えたいことが頻繁にあるのかもしれませんね。 登園する前にお片付けが必要になるものは出さないとか、前日までに登園の準備をしっかりして、朝はなるべく何もしないで済む、というような工夫があるといいかもしれません。 そして、子供が嫌がる片付けならしないででかけてもいいというくらい、大らかな気持ちと、心の余裕が必要なのかなと思います。 自我も体も発達し、お子さんははいろいろなことをやろうとする時期です。 子供の思いをできるだけ尊重しつつ、必要な時には大人がうまく誘導することも大事になってくるのだろうと思います。 経験者の知恵と工夫の情報が本やネットからも得られます。 ぜひ活用してみてください。

0

戦わないで済む道を探しましょう、どちらも引っ込みつかなくなりますからね。 声掛けが多い印象です、癇癪起こす率があがります。戦いになるまでの声掛けをまずは止めます。 そして、「全部やらせよう、全部親がやる」といった両極ではなく、「半分手伝う、一緒にやる」「分担」など、その時々に応じての中間を目指すのが良いと思います。例えば、「片付けは今日はママがやっちゃうね、〇〇は歯磨きしておいてくれる?」みたいな。