家内労働者等の必要経費の特例について 個人事業主で確定申告は毎年青色で提出しています。 現在完全在宅で1か所から仕事を請け負っています。 業種は映像編集です。

補足

複数の意見が欲しいので、ご回答お待ちしております。

税金 | 会計、経理、財務103閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

家内労働者とは、「特定の物に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする人」をいい、 例示がされている業務だけではないです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:5/28 11:58

その他の回答(2件)

0

家内労働者は内職を置き換えた用語ですよ。 例えばA社専属で映像編集を請け負っているなど。 A社からの業務請負委託契約書が必要です。 ちょっと無理がありますね。

4

<租税特別措置法第27条> 家内労働者等とは、家内労働法第二条第二項に規定する家内労働者に該当する個人、外交員その他これらに類する者として政令で定める個人 <租税特別措置法施行令第18条の2> ~その他これらに類する者~ 政令で定める個人は、集金人、電力量計の検針人その他特定の者に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする者 限定されていますので、恐らく特例の適用はできません。

4人がナイス!しています