回答受付が終了しました

dtm作曲についての質問です。

DTM | 作詞、作曲139閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(3件)

0

人脈は勝手に作られるものです。実力があれば人は勝手に寄ってきます。今は作品を表に出す事は簡単なので誰でもチャンスがあります。 ミックスについてはネット情報は本職のエンジニアでは無く変なDTM講師がやってたりしますから全然意味がないですね。 海外のサイトなどで対価を払って情報を得るのが近道だと思います。 https://www.puremix.net/

1

実のところ、世間がよく言う人脈というのは、実力がない人がなんの見返りもなく何かを得るためのサービスやボランティアのようなものではないというのがどうしようもない現実です。 長続きする人脈には、金または手間、あるいはその両方が必ず掛かります。 相手に対してお金や時間を使う、というだけでなく、交流そのものが相手にとっても有益であるというのは大前提で、交流を深める場や媒体を用意する金または手間が掛かるのです。 人脈のある人は、そういう状況を用意するセンスに優れてます。 人脈センスがない人にとっては、教室や学校に通うより遥かにコスパが低くなるので、そのセンスを実践的に身につけることまでは考えてないなら何も考えず人脈を得ようとするのは全くオススメしません。 ある目的を達成するための手段として、他の選択肢が見えてないのに人脈ばかり追う人ほどよく失敗します。人脈を保つのにかけるコスト意識が低いためです。 それはともかく、ミックスの前工程であるトラックメイキング、その前工程であるアレンジメント(編曲)の工程、さらにその前工程である作曲の工程さえしっかりできていれば、あとは帯域と空間の処理を初歩から学べば、初歩レベルでも「上手くいってる」といえるレベルにはなるはずです。 ちなみにここでいう初歩レベルってのは、誰でも得られる程度の知識を確実に実践できているレベルと思ってください。 それ以上のレベルの人は、ミックスやマスタリング自体うまくいってるってことは大前提で、そこからさらに良くすることを考えているのが通常です。 ミックス以前の工程がうまくいってなきゃミックスでどうあがいても改善不可能なのが現実です。 だからミックス/マスタリングがうまくいかないのはトラックメイキングやアレンジメントなどの問題である可能性もあります。 それが確認できているなら、はじめて純粋にミックス/マスタリングの問題として捉えられることになります。 初歩に関わる知識としては https://musicplanz.org/mix-mastering-beginer こういうものを読んでみてください。このシリーズでミックス/マスタリングに関するひとつの体系になってますので、今まで目にしたことのない知識があるなら、それが確実に実践できるようになるまでやってみて下さい。参考まで。

1人がナイス!しています

1

ボカロP同士のコミュニティに加わった所で、同志ではあっても先生ではないので、仰っているような事が出来る保障はないですね。 ただ集まってわいわいするだけで向上心がないコミュニティも、志が高すぎて初心者についていけないコミュニティもありますし、そうやってコミュニティ探しをしているうちに当初の目的を失ってしまいそうな気がしています。 あくまでも目的はコミュニティを探す事ではなく、ミックスの上達ですよね? 個人的にご質問者様の状況においては、誰かに添削してもらった方が良いと思います。 最近はプロの方の添削サービスやオンラインレッスンもよく見かけますから、一回そういったものを利用した方がオーダーメイドにその曲に合ったアドバイスを貰えるんじゃないでしょうか。 無理に繋がろうとしても相手にしてもらえない事も多いですし、そうやって上達をしながらTwitterなんかで活動していれば、似た人は自然と周りに集まってきます。

1人がナイス!しています