チニングは、ベイトリールが有利ですが、エギングでベイトリールが流行らないのはなぜでしょうか?

補足

確かに、エギングはシャクルと言うより、ロッドをバシバシ叩く感じなので、手首の下に重心のくるスピニングが有利ですね。 オフショアでスローピッチが有効なら、肘当てしてしゃくれるベイトが流行りそう!!

釣り | アウトドア248閲覧

ベストアンサー

0

ほんと、ベイトリールのことを知らない人がコメントしてきて厄介です。 下手くそは、ベイトだろうと、スピニングだろうとトラブります。 使いこなしてもいないくせに、メリットなしとかアホ過ぎます。 私は、常に常識を疑ってかかるので、よじれのないベイトリールの素性には感動すら覚えます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ベイトリールの性能をフルに使い切れていない人が多そうでがっかりしました。 エギングの世界でも常識を打ち破って欲しいです。

お礼日時:5/18 23:35

その他の回答(6件)

3

全てにおいて無駄だから。 メリットが見当たらない。 しゃくりにくい、エギのキャストはバックラッシュしやすい、ドラグ性能がスピニングに比べ劣る、海水使用後のメンテがスピニングより面倒等。 メリットを探すとすれば糸ヨレがしないので、スピニングに比べキャスト時のエアノット的なライントラブルが無いくらい。 ベイトエギングは、ベイト好きでも無駄だと思えるやり方です。 ショアに限っての話で。

3人がナイス!しています

1

やった事ありますがしゃくりにくすぎてストレスがたまります。ベイトタックルって手首が固定されてしまうんですよね。

1人がナイス!しています

1

とにかく一度やってみれば分かりますが、まぁシャクリ難いです。 エギ自体、飛行姿勢の良いルアーではなく、変に失速したりするのでその時バックラしたりして、ライントラブルも多いし。

1人がナイス!しています