回答受付が終了しました

ゆっくり茶番劇の件について、なんと商標登録を取り下げる(?)ようなことは出来ないのでしょうか?

補足

見ていると、ここまで炎上して、ゆっくり茶番劇を使うには年に10万円かかるって、金儲けって言うよりもゆっくり茶番劇に恨みがあって、使わせないようにしたいのかなとか思っちゃう

YouTube2,149閲覧

1人が共感しています

回答(11件)

0

いろんな方法があります。 1.商標法第4条第1項第19号に該当する恐れ 2.商標法39条(特許法104条の3を準用) 3.民法1条3項(基本原則) それぞれ説明はいたしませんが、例の人の行動如何によってはこれらに該当し、裁判等に打って出る人もでてくるかと思います。 やり方は合法でしたが、法の中には、公序良俗、信義などの法の良心についても書かれているので、悪意があると認定されたり、使用料の徴収が不正な利益とされれば、取り消される事も十分にあるのです。(ちょっと内容違いますが、ADAMS事件など調べてみては) また、本件によって、東邦Project、機械音声関連が著しく損害を被った場合もやり方次第では損害賠償を請求できる可能性も秘めていると考えます。

2

日本やヨーロッパは、先願主義だからです。一番はじめに使用した人、発明した人ではなく、一番はじめに申請した人のものになる。アメリカなら、先使用主義と呼ばれ、一番はじめに使った人のものになります。アメリカは特殊な例だと思ってください。 商標取り消しになるなら、その言葉が一般的に通じる言葉である必要があります。ゆっくり茶番劇って言葉、ゆっくり実況見ている自分にとってもあまり、聞き馴染みないですし、普通に申請通るんじゃないですか?商標と特許はまた別ですよ

2人がナイス!しています

0

別の名称を使って投稿しても、それは「ゆっくり茶番劇」ですね。 「商標権を侵害しているので使用料10万円支払ってください」って著作権があるわけでも、動画の形式に権利があるわけでもないのに少額訴訟を起こされたら、相手側には弁護士もついていますから、弁護士に依頼して、いちいち出廷して、証拠を示して…………とても面倒ですね。 商標権に基づいて使用料を要求できるっていう法律に問題がある。 商標使用の差し止めくらいでないと。

0

主に3つ ・抹消登録 商標権者が商標登録の抹消を申請する手続き。 いわば商標権の放棄。 当然商標権者しか申請出来ない ・無効審判 商標権取得5年以内に申立可能。 商標権者に不当な権利を与えないという趣旨のため 商標権に絡むなんらかの権利者じゃないと 申立てるのは難しい。 ・不使用取消審判 日本国内で継続して 3年以上商標権が使用されてない時に 商標権の取消を申立てられる。 これは誰でも申立可能。