ゆっくり茶番劇の冒認出願が話題になっていますが、商標登録の手続きを行う際にその商標の由来などについて調べられないのでしょうか。

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

懇切丁寧に説明して頂きありがとうございます。とても端的で分かりやすいです。 登録不可となるような”由来”の敷居はかなり高いということ、先に出願した人を優先する理由もよく分かりました。 今回の騒動は著作権違反によってそのうち解決するでしょうが、それらの理由で冒認商標を覆しにくいわけなのですね。

その他の回答(3件)

0

先に登録したけれど、実は広く使われていたことが後から発覚したら、登録を取り消し出来ます。 例えばバーチャルYoutuber、バーチャルユーチューバー、Vtuber、という言葉を登録したとします。 審査員は見逃して登録を認めたとします。 無効訴えで抹消となるでしょうね。

1

その言葉が広く一般的な言葉であるか否かなどは調べられます。 調べた結果、広く一般的と呼べるほどの認知度は無く、商標登録しても問題無いと判断された為に登録されました。 『先に使っていた人』ではなく『先に登録した人』が優先されるのは、これが最も公平だからです。後から「自分が先に使っていた」と誰かが言い出したところで真偽の確認も困難ですし、そのようなことを続けていると権利関係が分かりにくくなるだけです。 特許にせよ商標にせよ、先に登録をした人間に権利が認められます。 それが嫌ならそれまでに使っていた人がもっと前に商標登録すれば良かったのに、その権利を放棄していた訳です。自由民主主義国家は基本的に『権利の上に胡坐をかく人間は保護するに値しない』という理念です。 今回のことは日常茶飯事に起こっていることで、それを受けて欠陥だのなんだのと騒ぐのは世間知らずも甚だしいです。

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 随分手厳しいですね。 日常茶飯事のごとく問題が起こるシステムに疑問を持って質問をすることは、そんなに不自然なことでしょうか?もしそれがあなたの仰る”騒ぐ”なら、確かに私は世間知らずかもしれませんね。

2

商標登録は先に登録した者勝ちです。ただ、出願前からそのジャンルの名称等で普通に使用されているのであれば登録はできません。特許庁は全知全能ではないので、そのことを知らずに誤って登録になることはあります。そうした場合は、無効審判により無効にすることは可能です。 https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/trademark/kijun/document/index/05_3-1-1.pdf

2人がナイス!しています