内山完造是个商人出身,所以,他立马意识到:开书店是大势所趋。于是,1924年,内山完造便买下了魏盛里临街的一所房子,作为独立的书店经营场所。

中国語 | 中国史23閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

谢谢您 助かりました、誠に有難うございます。

お礼日時:5/17 10:00

その他の回答(2件)

0

内山さんは商売人であったので、すぐに書店を開くことを思いつきました。 そこで、内山さんは1924年、維盛裡の通りに家を買い、自分の本屋を構えました。 この時期、内山商店は事業の拡大だけでなく、機能も大きく変化していきました。 たびたび多くの文学愛好家が集まり、詩や文学について語り合い、中には内山書店に小講演をしに来る人もいました。 内山書店がこれほどまでに日中両文化圏の人々を惹きつけるのは、内山さんの経営のうまさだけでなく、内山さんが提供する豊富な書籍や資料、書店の快適な環境にもよるでしょう。

0

内山わんざおは実業家として生まれたので、本屋を開くのが一般的な傾向だとすぐに気づきました。そこで、1924年にウイシャンワンザオは、ウェイシェンリの街路に面した家を独立した書店の事業所として購入しました。 この間、永山書店は事業範囲を急速に拡大しただけでなく、機能も大きく変化しました。時々、ネイシャン書店は数え切れないほどの文学や芸術愛好家を集め、そこで彼らはゲストとおしゃべりしたり、詩や文学について話したり、小規模な講義を行うためにネイシャン書店に行くことさえあります。 内山書店は、中国や日本の文化界から多くの人々を魅了することができます。内山の優れた管理に加えて、内山が提供する豊富な図書資料と快適な書店環境にも関係しています。