回答受付が終了しました

ミシンで手芸、ハンドメイドをする方にお聞きしたいです。 ミシンで何かを作る動画を見ていると、縫い終わりを玉結びではなく返し縫い?だけで済ませているものをよく見かけます。

補足

皆さん回答ありがとうございます ちなみに、玉止めがわりの返し縫いは一往復(同じところを2回縫う)で良いのでしょうか…?

手芸205閲覧

回答(6件)

1

同じところを返し縫いするとその部分の糸と布地との摩擦が大きくなって糸が抜けにくくなります。 又、返し縫いの場合、力の掛かる方向が180度反対になるのでよりほつれにくくなります。 通常の家庭用ミシンの自動返し縫いは3針くらいです。 又返し縫いの方法も、前進・バック・前進という方法と、少し手前からバック・前進という二通りの方法があります。

1人がナイス!しています

1

私も返し縫い派です。 止め縫いを使うこともありますが、止めのところがごろついたりするので、念のため一往復でなくもう一回ぐらい小さく返し縫いしてキョキン!と両側の糸を切っておいたりします。 丁寧に仕上げたいものは、返し縫あえせずに、裏側に引っ張り出して結んで、残りの糸を生地の間に引っ張り込んでおきます。

1人がナイス!しています

1

私は返し縫いをした上で、後ろに表側の糸を引っ張り込んで玉結びして、端を縫い代に隠す、という方法をすることがあります。 自分や家族のものではそこまでしません。 お友達や親類に頼まれたりしたものの時に主にします。 私の持っているミシンの基礎本にも、丁寧にするならその方が、と書いてあります。 もちろん返し縫いで解れた経験はありません、、、と言いたいところですが、あるので。 念には念を入れる時にする感じです。

1人がナイス!しています

2

返し縫い最強ですよ。玉結びは洗濯でほどけるけど、返し縫いはほどけません。なぜなら、糸端だけの場所がないから。

2人がナイス!しています

2

ミシンなら返し縫いだけで済ませます。 まず解けることはないです。 そもそもミシン縫いは解けにくいです。 安いミシンでも同じだと思います。 チェーンステッチで縫うミシンでは縫い終わりをきちんと始末しないとダメですが。

2人がナイス!しています