野菜スープを作るとき、「油で炒めてから水を加えて煮る」のと、「水で煮てから後で油を加える」のとでは、栄養の吸収などの面で違いはありますか?

料理、食材 | 料理、レシピ117閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりました。ありがとうございました。

お礼日時:5/25 13:35

その他の回答(2件)

0

油で炒める行為により得られる効果 ・繊維を柔らかくし食べやすくする ・油で野菜の栄養素や甘味が保持されやすくなる ・色鮮やかになる 他の事例 一番身近なのはカレーを作るとき、ルーの箱に肉や野菜をあらかじめ炒めてから水入れると、書かれてます。同じ原理です。 じかに茹でると甘味が不足します。柔らかくなるには炒めるより時間かけて煮ないといけません。 よって先に炒めてからのほうが栄養、味、ともに良くなります。 なお、水分を全部飲み干すと栄養は流れ出たモノもとれるということになります。

0

先に油で炒めるのは、表面を油でコーティングしてうまみを閉じ込める為です。 なので、野菜そのものに残る栄養価は変わるでしょう。 が、 スープを全て飲むなら、溶けだした栄養価も取り込めるので、 栄養に関してはさほど神経質にならなくても大丈夫かと。