ライトで海面を照らすと釣れなくなる、ということを言う人がいますが、釣れないときの言い訳じゃないでしょうか?

釣り341閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

唐突なトラフグ登場に笑ってしまいましたw 他人に眩しい思いをさせるのは私も問題だと思います。 ただ、釣れなくなるというのが根拠のない勘違いであれば、それをマナーだと主張するのもおかしい気がします。 ちなみにどっかの地域の有名アングラーは、メバルはライト照らしても全く問題ないと言いきっていました。地域性もありそうですね。

その他の回答(1件)

6

釣りをするつもりがなくても海が近所ということで、よく海を覗きに散歩に行くことがあります。 その時に人が居ない場所は海面を照らしますが、シーバスが居たら嫌がって(びっくりして?)逃げます。 この嫌がって逃げたシーバスがルアーを食うか食わないかは分かりませんが、今までの経験上は無理なパターンだと思います。 また、ライトを照らすと溜まってたベイトが散ってしまう場合(帰ってこない)があるのでコレも困ります。 人によってはこの行為でベイトが逃げるシチュエーションを作ってシーバスの捕食を誘発させて釣ると言う人が居るようですが、これが成立すること自体が稀ですし、そのような状況なら照らさなくてもそもそも釣れるでしょ?という話でそれで釣れない場合は【釣れないときの言い訳じゃないでしょうか?】とも言える。 勿論、前提として正解が分からない経験談だけの話になるので、どちらの意見もあるとは思います。 ただ、不必要にライトを照らす意味も無いわけですから、なら照らさない方に合わせるのが無難なんです。 照らして釣果が上がるわけではありませんから。 あと、ヘッドライトを点けっぱなしの人は気が付いてないのか他人がやってる水面を照らしちゃってるんですよ。 堤防からテトラに降りて釣座に入るようなポイントは、堤防をウロウロしてテトラの釣座を探すので堤防から釣座を照らしっぱなしで他人が居ようがお構いなし…… こういう人たちは他人の顔を照らしても気にしないような、気が利かない人が多いので、そういうのが溜まりに溜まって「照らすな」と言われてる可能性もあります。

6人がナイス!しています