大日本帝国の戦闘機の性能が悪く弱かったのは何故ですか? ゼロ戦も実際は戦闘機としてはポンコツ性能だったみたいですし、 何故過大評価して持ち上げる人がいるのでしょうか?

日本史 | ミリタリー1,052閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(25件)

0

最終的に零戦作ってた作業員も徴兵してたから

1

ポンコツ? ポンコツでしたらここまで有名にはなってないはずですよ。 実際、当時のアメリカ雑誌に「女を落とすのは簡単だがゼロを落とすのは容易ではない」と掲載されてたくらいですし、神秘に満ちた機体とも呼ばれていました。 零戦の戦闘を見た訳でもないですし操縦した訳でも無いので我々が推し量れるものでは無いですが、 坂井三郎氏の"大空のサムライ"や堀越二郎氏の"零戦"を読む限りだと傑作機ですよ。 たった1000馬力程度のエンジンでここまで性能を引き出せたのは過去にも現代にもありませんし 格闘性能だけだと終戦まで上回る戦闘機は存在していません。 ただ戦闘機の性能が悪かったのはエンジンの問題です。悪い訳では無いですが… 日本は他国と比べて航空技術が劣っている国でしたので2000馬力級のエンジン開発も遅れていました。戦闘機の能力はエンジンに依存します。零戦のバックアップが取れなかったのは日本の国力が低かったからです。

1人がナイス!しています

ていうかポンコツ性能だなんて聞いたことないのですが質問者様はなぜポンコツ性能だと決めつけているのですか? 少し調べればわかることですけど…

1

開戦当初は性能的に優勢でした。 しかし、どこぞで墜落したゼロを解析されて対策取られたそうです。 そこから挽回されて、資材不足と費用不足、投資力の違いからあっという間に 追いつかれたそうです。 ゼロ戦は、ガソリンが粗悪でなければもっと性能を発揮できたらしいです。

1人がナイス!しています

1

零戦と格闘戦をしてはならない。 背後を取れない場合、時速300マイル以下で 零戦と空戦をしてはならない。 上昇する零戦を追尾してはならない。 ポンコツ相手に3 Never を自国搭乗員に強く警告していた 追尾されたら急降下して左旋回しろというのもあった。

1人がナイス!しています

0

ゼロ戦がぽんこつ?? いつと比較して?? 今? それなら、確かにポンコツ。 当時は画期的な戦闘機ですよ。