温暖化により南極の氷が溶けて海面が上昇しているというニュースがありました。 海の氷は1度溶けたら、もう凍ることはないのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(11件)

2

1度、塩水をつくって冷蔵庫の製氷室に入れて実験してはいかがかな? ただし、マイナス40度にならないと凍る凍らないは分かりませんよ。 オマケ↓ ツバルの話→ 騒ぎが落ち着いたあと、何人の学者が検証の結果、海外で稼ぎ労働者の帰国、人口増、観光客の爆増で地下水汲み上げすぎたことが分かった。あの大統領が海に浸かり、なんとかしてくれえ、と言ったのはパフォーマンス! ツバルの海岸浸食は、ホテル建設ラッシュで海岸の砂を大量に採取したためと分かりました。 北極の熊が氷の上で行き場をなくしているような写真→ なんと10年前には10000頭、しかしいまでは30000万頭にも増えました。北極に行かないほうがいいと思います、熊だらけですから。

2人がナイス!しています

0

溶ける量と降り積もる量のどちらが多いかです。 残念ながら、海水面は上昇しているのが観測されていますので、トータルで溶けるほうが勝っていると結論するしかないです。 そして、溶けるペースは一定ではありません。 今後気温上昇がある点を超えると、温暖化が加速すると予想されているので、メートル単位で海面が上昇して、どんなバカでも海水面の上昇を認めざるをえなくなった時には手遅れになりますね。

2

海は0℃以上ですから、海に入って流れて行った氷はもう戻りません。でも、海に入った氷って溶けて流れたんじゃなくて、氷河で上流から流れてきたもので、温暖化で溶けたわけではなく、氷の河だから上流から何年もかけて海まで流れてきたんです。 上流では雪が降ってどんどん氷が出来ています。だから、氷は減っていませんよ。

2人がナイス!しています

4

そのニュースは3年以上前の古いものでしょう。 NASAによる最新の衛星観測では、南極の氷床は増え続けていたことがわかっています。これは海面の低下要因です。 南極海の海氷は増加し、北極海の海氷は減少していますが、海氷の量と海面水位は無関係です。 海氷は夏に向けて融け、冬に向けて再度凍ることを毎年繰り返しています。 海面上昇の主因は海水の熱膨張と、山岳氷河の減少です。 温暖化で海面が上昇し、ツバルや海岸沿いの都市が沈むというのは、単なるプロパガンダで、そのようなことは起きません。 イギリスの裁判所の「不都合な真実」に関する判決も同じ見解です。

4人がナイス!しています

0

寒くなると氷ります。日本の政党主催の、アマゾンに木が全くなくなる放送を見たと思います。しかし、日本のどこを見ても木が間違いなく一本もなくなっておりません。つまり、あり得ない放送を流して、日本企業をつついて中国からお金を貰う、これに政党は成功しているのです。 古代から、大陸が熱くなることは分かってるので、 https://paleontology.sakura.ne.jp/w-sanjyou.html つまり、日本は住めても、中国などが住めなくなり、そこで温暖化は終了するということです。 つまり温暖化対策をしない住めなくなる中国北京や西安とかインドとかクウェートのために日本が温暖化対策をするというおかしな話です。 中国は温暖化対策はすると突然発表した後、石炭の燃やす量は増えてます。中国だけで世界の半分以上の石炭を燃やし、ずっと増えることは解っております。中国はメコン川をダムでせき止め、下流の国に水が来なくて困っております。 日本が石炭を燃やすのを46とすると中国は1000以上、二桁以上違い、途方もない量で、どんどん増えてます。世界の力で中国を至急明日にでも1000→0にすることが唯一の温暖化対策なのです。 皆さんも理解の通り例えば中国の政治家は数少ない成功者は政治家としてお金を得れますので北へ逃げることも考えます。(成功しない者は家族ごと刑務所行きとなります。)。中国の裁判官も他国に公平な判決をしたらその裁判官は刑務所行きとなります。つまり、日本の政治家としては、中国に毎日、大説教をするだけの方を、全員選ぶしか方法はないわけです。例えば、モンゴルは中国の温暖化行為を実際批判している、それを、毎日中国に申すこと、といったことです。 政治家が温暖化対策といって企業に要望を出し、同じ要望を中国企業にはその政治家は何一つたりとて言ってなく中国企業は好き放題です。中国からお金を貰う政治家は言いました「日本人は抵抗勢力だ」。このような政治家の超怠慢かつ日本にだけ大迷惑行為は許される行為でしょうか。 例えば、中国の太陽光パネル企業から献金されると、当然、原子力発電を全て廃止し全て太陽光にすべきとおかしなことを言うでしょう、実際そのような議員がいるのが解りますし、直ぐに至急選挙ですべて落とさないといけないのです。政治家は直接献金ではロッキード事件のように捕まりますので、間接献金を狙いますから、政治家は真に役に立たなくなり、真の国民への妨害者となったのです。国民全員で至急に気づかないといけません。そもそも都市部民家屋根に太陽光発電をつけると黒いパネルで暑くなるだけで政治家は本当に良くないです。電気自動車も、それと同じやり方です。日本の電池の電気自動車に補助金とは言わないのは、作戦が見え見えです。中国が石炭の発電をゼロにした後温暖化対策を始めることを公約を掲げる、「既に温暖化対策の技術の出来てる日本の商品を愛する新しい党」を作り、既存の議員を全員落とすというのが良いと思う方は、立ち上がることです。 つまり、 国会決議はボタンで投票してるので、ホームページ公開したインターネット投票による国民一億人投票結果(一億人データ公開なので不正は出来ない)で法律全て決めることに変えればよく、 一般の日本人全員:「中国が石炭をより燃やすならそれを止めてから日本は対策をするべきだ、政治家は不要だ」 政治家:「日本企業をつついて、中国から金を貰う」 このように対立してることで政治家を追い払うことです。 中国の上海の繁華街の外には、日本ブランド商品に限らず世界のブランド商品のそっくりの著作権違反の商品が沢山大量に積まれていることはご存知の通りです。これは製造工場に偽物を作るラインが一つ用意され作るのです。他国だと逮捕される行為(例えば窃盗犯)を行う国の方が最もどんどんお金が入り連日連夜押すな押すなの大賑わいの大盛況、これを日本が見てどのようにするかが最優先最大の問題です。このようなことを現在も何十年も行いこれを世界最大の問題と言わない日本の政治家参議院300人衆議院500人は至急全員代えないといけないのです