「ああ、この国の人達に、重要な仕事は任せられないな」と、一緒に仕事をしてみて、率直に思うのは、差別的感情でしょうか? 私は比較的寛容な人間なのですが、、、、、

哲学、倫理 | 職場の悩み194閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0

「高慢」「偏見」でしょう 自分の説明の仕方が悪かったとは思わないんですか? そんな事を言っている間に、日本はどんどん国際的な順位を落としていますよ。

0

国を意識してしまうのは何故か? 仮に言葉がうまく伝わらないということなら 「この国の人達」というのを 「日本語の理解力が乏しくて」に変えれば良いと思います。 もし「国民性」という話しだとしても国という括りでなく 具体的な部分で、例えば時間にルーズだとかならそのことで 重要な仕事は任せられないとすれば良いんじゃないでしょうか。 まずは具体的にどの部分かを明確にしたほうが良いと思います。

0

別の言葉にするなら「一般化」ですかね。 「ああ、こいつに、重要な仕事は任せられないな」と思うことはごく普通でしょう。正しいにせよそうでないにせよ、それは単なる個別的な判断です。 「こいつ」を「この国の人達」に拡張して一般化する、ほかにもありうる拡張の仕方ではなくて、国籍もしくは民族のくくりで一般化する、それがいわゆる民族差別です。 なお「ああ、男/女に、重要な仕事は任せられないな」というように、性別のくくりで一般化する場合は性差別になります。