自分の軽自動車は鉄ホイールのカバーです 急な長い下り坂をくだってると鉄の焼けた匂いがブレーキ辺りからすごいします やはりホイールカバーは通気がわるく熱がこもりやすいですか?

自動車 | 車検、メンテナンス128閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

単純にブレーキの踏みすぎだと思われます。 ホイールカバーがあると確かに無いよりはいくぶんか熱はこもるかもしれませんが、それは影響ないレベルです。 なんたって、ホイールカバーが付いていたって、その反対側は開放されているのですよ。そんなにブレーキが過熱するほど熱がこもるわけないじゃないですか。 しっかりとエンジンブレーキを使って、必要以上にブレーキは踏まないことです。 ずっとブレーキを踏んだまま坂を下っていませんか。そんな使い方は間違いです。 ブレーキは「必要なだけ」踏むのです。

1

両方です。 峠の下り道でブレーキオンリーで下ると当然、熱が発生してしかもカバーがあると冷却効果に支障が出ます。エンジンブレーキを使うか、途中で休憩するかですね。国道で下りが連続する様な所でトレーラーが休憩している所、見た事無いですか?多分ですがそういうの気にしているからだと思います。 普通の走行なら良いですが、峠などに行く場合はカバーは外した方が良いでしょう。

1人がナイス!しています

4

もう一度、車の運転方法の見直しが必要だと思いますよ!

4人がナイス!しています

3

フットブレーキの使い過ぎだと思います。 シフトダウンしてエンブレ使いながらじゃないとブレーキがフェードして効かなくなりますよ。

3人がナイス!しています

1

急な長い下り坂をくだってると鉄の焼けた匂いがブレーキ辺りからすごいします 足ブレーキの使い過ぎは 質問内容の状態が発生しやすい

画像

1人がナイス!しています