ID非公開

2022/5/19 20:00

22回答

国民生活基礎調査の依頼がきました。

法律相談1,315閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

2人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

国民生活基礎調査は、統計法等の法令に基づいて行われるもので、調査対象として選定されたすべての人に報告の義務があります。この報告の義務は、「個人情報の保護に関する法律」により免除されるものではありません。 統計法では、調査に従事する人(国・地方公共団体の職員、指導員、調査員)には、調査上知り得た秘密に属する事項を他に漏らしてはならない「守秘義務」が課されています。 さらに、統計をつくる目的以外に調査票を使用することは固く禁じられており、秘密の保護の徹底が図られています。集計においては個人が特定できないように行われます。 また、調査票は外部の人の目に触れないよう厳重に管理・保管され、集計が完了した後は読解できないよう溶解処分されます。 国民生活基礎調査で集められた調査票(個人情報)には、「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」(いわゆる「行政機関個人情報保護法」)は適用されないことになっていますが、このように統計法等に基づく適切な取扱・管理によって調査票(個人情報)は守られています。 以上、厚生労働省のサイトより。 https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/20-21a-03.pdf

1人がナイス!しています