秘密のケンミンショーの横浜編で崎陽軒以外のシュウマイを特集しましたが崎陽軒が人気が高いですか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:5/25 20:43

その他の回答(2件)

1

崎陽軒は駅弁が起源です。駅弁であるというためには冷えてもおいしい、そして万人受けしなければ売れません。崎陽軒はホタテを加えてうまみを強くしているので人気が高いのです。 ただし崎陽軒は元々中華とは無縁でした。創業者は横浜出身ですらありません。それでも崎陽軒という一大ブランドを立ち上げました。なので地元(中国人の人々)に配慮して①シウマイとした(諸説ありますが根本はこれでした)②中国人シェフを率先して起用したそれによって軋轢も回避しようと努力した。③中華街にはほぼ進出しなかったを貫きました。 なので好きな人間は一番好きですがそうでない人ももちろんいます。私の家族は実家に戻っても崎陽軒の販売が終わる前には帰路につきます。崎陽軒を買って家に帰って食べるためです。消費期限が夜9時までなので帰るのが早いです。(売店で9時までですと言われたらはい分かりましたと答えれば、それ以降でも大丈夫ですけど、昔は正直すぎると売ってもくれませんでした。中毒が危ないですからね) もちろんほかの店でも独自の調合をしているのでそれぞれに美味しく好みもあります。だから多くの人は「ドコソコのシュウマイがおいしい」と意見が別れるのです。 元来中華街の料理は(中国や台湾での)御当地愛が強く味にもかなり癖がありました。一昔前までは関帝廟通りの小さな店など日本人には味の癖が強すぎてあまり食べれないほどでしたよ(私は好んで行きましたが)。最近ではかなり日本人の舌に合わせていますけど、それでも小さな店に行くと癖があります。 私の有人も皆好みの店が違い「今度はお前の好きな店に行く」などと言っていろんな味を堪能します。 あの番組は東京ではなく大阪人が東京人のふりをしているので、あたかも分かってる風を装っていますけど地方ではけっこうヤラセが多くて有名なんですよ。だいたいみのもんたや愛川欽也から始まった番組はやらせしかやりませんでしたから。それにほとんどがステマ企画。今回だって中華街が金出して宣伝しているにすぎませんので、あまりあてにはしないでください。参考になるのはせいぜいこういう工夫をしてるんだレベルです。(私はまだ見ていないので何とも言えませんが) 横浜中華街は組織がしっかりしているので中華街に対して出演依頼すれば「今度は誰と誰の店で許可を出す」みたいな感じになっています。(横浜中華街はいろんな意味で互助精神が強いんです)組織に入っていなければ個別で依頼される以外には殆どマスメディアには出ません。 つまり元々横浜中華街のシュウマイは癖があり、中華街好きの地元民はどれが人気かではなく、どの店はどんな味という風に評価しています。その中で崎陽軒はホタテのうまみで冷めてもおいしい事から万人受けするように作られているので人気が高いという事なんです。

1人がナイス!しています