お若いご僧侶について

ベストアンサー

0

丁寧に回答有難うございました。確かにそういった事では納得です。只何か檀家としては不満というか、違和感が残ります。例えば医療の世界。免許取り立ての医師と、経験数十年の医師とで同じ診察料ですね。(保険診療の場合)それと同じで。---仏門に入られていますから何ら問題は有りません。ーーーしかしながら同じお布施をお支払いしますから。ーーー(最近は戒名料込みで200万程度は普通、もっと支払う人も多数とか) 私の属するお寺さんではそういった事は有りません。ご住職が御都合がつかなければ他を依頼されますが、ご自分と同等程度の階級の方にお願いしているようです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

最近葬儀社さんにお聞きする機会が有りまして解りました。どうも修行中の方たちだった様です。「絵に描いたようにきれいだったでしょ」と言われてその通りだと答えましたら、葬儀社さん笑っていました。少し離れた場所のお寺さんでお葬式が重なった様なんです。それで修行中だから粗相があるかもしれないが、2人つけるからーーー。ご葬家は納得済みで戒名はご住職がお付けになるはずと葬儀社さんの言葉、有難うございました。

お礼日時:6/7 9:16

その他の回答(4件)

0

20代僧侶です 私は住職ではありませんが、若い住職は案外います。 主な理由は「僧侶の減少」と「寺院の数が減らない」ことです。 僧侶自体が減っているうえに空き寺が多いので育成中の若手が空き寺の住職になったりします。 若輩者ではありますが多くの方はきちんと修業を積まれ、志を持って僧侶になっています。

回答有難うございました。お寺さんの業界も変わっているのですね。 言われてみれば当たり前ですが。(笑) 空き寺が増えている、というのはどこかで聞いたような気がします。仏の道に進まれる方減っているのですか。それは知りませんでした。普段の生活ではあまり関係しないものですから。最近法事や葬儀関係に接することが結構有りまして関心をもった次第です。

0

年齢だけではないかもです。 私の祖母のお葬式には 5人ぐらいのご住職が一斉に読経されていました。 子供だったので誰がどうお願いしてそうなったかはわかりかねますが……

正式には何人ものお坊さんで読経するものらしいというのも有るようです。最近はお寺さんも葬儀の際には案内書、と称して費用の内訳を出しているところも有ります。そこには僧侶1名増員につき、10万等の記載が有るとか。過日知人から聞きました。

0

我が家のお世話になっているお寺は 息子さんとかが副住職などとして住職以外にも いらっしゃいます また私の知人の息子さんは24歳ですが 宗派に関係する大学の宗教学部を出て お父様の体調が悪いので今は副住職ながら主力で やってらっしゃいます

そうですか。私はお寺さんの業界のことがさっぱり解りません。只あまりにも以外でお若かったので驚いてしまいました。私の家でお世話になっているお寺は、ご病気の前ご住職と変わって30代のご住職になりました。それだけでも意外でしたので、過日目にしたときはもっと驚いたのです。