ハリーポッター ヴォルデモートって結局何がしたかったんでしょうか?

外国映画 | 小説405閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

いや、実は、よく解りません。 『ファンタビ』のグリンデルバルドは、 魔法族優越主義に基づいた、 魔法族による世界征服を狙ってた、 魔法族版のアドルフ・ヒトラーでしたが、 ボルデモートは、ホントに、 最終的に何をしたかったのか?が さっぱり解らないのですよ。 ただ、ひたすら人を殺し、 部下を使い捨てにし、 ハリーを殺す為に、必死で「死の秘宝」を追い求め、 死なないように分霊箱を作り、 自分の生存を継続させるコトだけに奔走してて、 グリンデルバルドのような 政治的な目的が無いんですよ。 で、自分がスリザリンの継承者だと承知していながら、 同時に、スリザリンが排除しようとしてた 「穢れた血」であるコトも解っていて、 部下の死喰い人が「純血主義」を掲げて、混血魔法族や、 マグルを虐げる一方で、 ボルデモート本人は、マグルを虐待しろとか、殺せとか、 そうした命令はしてないんです。 むしろ、マグルの存在に、まったく無関心のように思えます。 ボルデモートは、母親の不幸な生い立ちから始まって、 マグルだけでなく、魔法族も含めて、 全世界を憎んでいて、 その憎しみを原動力に、全人類が自分を恐れ敬う、 無敵の存在に成りたかった…、 凄く個人的な「世界一願望」を追い求めているだけで、 死喰い人も、それを実現する為の道具としか 思ってないように見えますね。 ハリーを殺そうとして失敗するその前の段階の、 第1次ボルデモート全盛期ですら、 別段、魔法省を乗っ取って、 魔法大臣になるワケでもないですし、 ただ「名前を口にすることすら恐怖する存在」に なりたかっただけ…なんですよね。 …なんか、自分の不幸を、全て社会のせいにして、 刃物を振り回す、無差別殺人犯みたいな、 そんな幼稚な人格に見えますね。

0

ヴォルデモートは純粋な魔法使いの血統のみを尊重し、マグル生まれやマグルを弾圧して魔法使いの完全支配がしたかったわけです。