回答受付が終了しました

ID非公開

2022/5/23 2:26

1717回答

浦島太郎のラストは、理不尽ではないですか。

文学、古典 | 小説1,763閲覧

2人が共感しています

回答(17件)

0

深読みしすぎです. 浦島太郎のおとぎ話は,主人公が,いい人とか悪い人とかは関係がありません. このおとぎ話で,訴えたい点は,浦島太郎がお乙姫との約束を守らなかったために,玉手箱の中の煙に包まれた主人公が,白髪頭の年寄りになってしまったという結論に結びついているのです. つまり「約束を守る」という点が,おとぎ話の作り手の訴えたい点なのです

ID非公開

質問者2022/5/29 22:01

それは私には伝わりませんでした。

1

君子危うきに近寄らず、触らぬ神に祟りなし

1人がナイス!しています

2

浦島太郎な作者は、相対性理論を知っていた人です。 光に近い速さで動くと、時間の流れが遅くなります。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/5/29 16:21

正確には加速と減速も必要だと思います。地球→加速航行→亜光速航行(竜宮城)→減速航行→地球 これを知っていたのですね(笑)。

1

どんな善行を積んでも年月に逆らうことはできない。ということです。竜宮城で楽しい思いをしただけで充分ではないですか。 非があるとすれば自然の摂理に逆らったことでしょう。老いに逆らって若作りしても無駄だっていうことです

1人がナイス!しています

1

特に非はないですね。 この話は古代日本の「世にも奇妙な物語」なんだと思えば納得いくんじゃないですか? 昔の人も娯楽に飢えていたでしょうから、こういう不思議な話を楽しんでいたんだと思います。

1人がナイス!しています