回答受付が終了しました

高1男子です! 中学校の頃から吹奏楽部でパーカッションを始めました! 1番好きなのはドラムなので高校ではもっとドラムを上手になりたいと思い 吹奏楽部に入部しました! やっと本題です

回答(6件)

1

高校を吹奏楽で、大学を軽音楽で過ごしました。身も蓋もない言い方すると、吹奏楽部だろうが軽音楽部だろうが上達は本人の努力次第。 とは言ってみたものの、吹奏楽部の方がパラディドル中心に徹底的にスティックワークを練習する機会は多いでしょうね。 高校や大学の軽音楽部は私の知る範囲で言うと技術的に高みを求めてるところは稀です。個人主義のところも多いので、自分がしっかり意思を持って練習しないと成長しない。ここで成長している人は、軽音楽部だから上達した、と言うよりはレッスンプロについてしっかり学んだ人が多いと思います。

1人がナイス!しています

0

その答えをどちらかに決めようとする人って上達しないんじゃないかなぁと思います。 ドラムが上手い人というのは、音楽を俯瞰で捉えてそこに自分がどうアプローチしていけばいいのか、バンド全体の中で自分が果たすべき役割は何なのかを判断するのが上手いですから、仰っているような視野の狭さは上達するのに足かせになってしまうかもしれません。 要するに、幅広くいろいろやった方がいいです。そして一番は、自分がやりたい『音楽』で決めるべき。他のジャンルで培った経験は、自分がメインでやっている音楽にも活きてきます。

1

ドラムだけでいいです、って考えの人が吹奏楽部に入ると回りからスカン喰らうよ。高校でドラムやって目立ちたいなら軽音楽部。 ただ人生長い目で見た場合、大人になってからドラムが上手い人になるには高校時代の吹奏楽部の経験の方が役に立つ。 軽音楽部は基礎練習がない。基礎もなってないのにレベルの低いJ-POPを通して演奏できたら「よかったね」の世界。そんな所にいるのはせっかく高校時代は一番伸びる時期なのにもったいない。 スティックワークを基礎から学ぶ、難しいフレーズや変拍子の曲を練習する、などの体験が、将来ジャズやプログレッシヴロックでドラムやる必要になった時に大いに役に立つのさ。

1人がナイス!しています

0

ドラムだけ上手くなりたいならば吹奏楽部はやめておいた方がいいです 吹奏楽でドラムを使う曲なんてごく一部ですから

0

そりゃ吹奏楽でも「ミュージックエイトを何となく楽譜通りに叩く」ばっかりなのと「ジャズやフュージョンを原曲(名ドラマーのアレンジ)に寄せて叩く」事を目標に練習をするのとでは全然違いますし、 軽音でもよくやりがちなみんな大好きモンパチのコピーすんのと、たとえば勢喜遊さんや柏倉さんのコピーすんのとでは毛色が違い過ぎますよ。 ドラムだけやりたいなら他の楽器をやってる時間がもったいないとも思いますし、「パーカッション全般理解してるドラマー」のそれはそれで強力です。 で、根本的な練習方法は全く同じなので、別にどっちに入ろうと上達はします。というかその辺は自分の能動性積極性の話でもある。吹奏楽でも部活終わりや休日にスタジオ入って叩きまくる事も出来ますし、レッスン通いたきゃ通えば良い。バンドも組みたきゃ組めば良い。 あと吹奏楽ならコンクールに重きを置くんでしょうし、演奏会でもドラムが映える曲ばかりやる訳ではありません。後輩の指導に時間を割く必要も生まれますし、ドラムやりたい人がドラムを独占し続けられる時間は相当に限られるでしょう。そもそもロックやパンクを爆音で叩きたいなら吹奏楽じゃ機会は持てない可能性のほうが高い。 軽音は軽音でやりたい曲ばっか出来る訳でもなし、むしろこっちのほうが「体系的に指導する風習」は薄い気がしますんで、詰まる所独学になりがち(なイメージ)。 という事で、吹奏楽部と、軽音楽部じゃないけどバンドを並行してた私の結論は「どっちにせよ自分次第」です。

かなりためになりました! ありがとうございます! どっちも上達するっちゃするっていうのを聞けて良かったです! とりあえず今日は寝てまた明日考えます! 明日も同じ気持ちだったら軽音楽部いって 自分の頭の中に浮かんでる叩きたいものを実際にドラムで鳴らせるようになります!