この図の様な長方形ABCDの紙があります。 辺AB上に点Eをとり、CDを折り目として折ると、点Bは点AD上の点Fに重なり、AFの長さが2cmになりました。

画像

算数59閲覧

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても分かりやすかったです。 ありがとうございました。

お礼日時:5/26 8:54

その他の回答(3件)

1

長方形でAFが2cmなので、DFは24cmです。 また、BE=10-AEです。 ∠EFC=90° なので、 △AEF∽△DFC AF:AE=CD:DF 2:AE=10:24 10:5AE=10:24 AE=24/5 BE=10-24/5=(50-24)/5=26/5[cm]

1人がナイス!しています

1

これでどうですか?

画像

1人がナイス!しています

この返信は削除されました