タマムシについて。

補足

昆虫博士の方、よろしくお願いします。

昆虫718閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

2人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 とりあえずエノキとケヤキを探してみます!

お礼日時:6/27 22:06

その他の回答(3件)

1

自分の場合は、朽木が多く流れ着いた河川敷で、近くにエノキなどの木が自生している場所で、生体メス見つけました。 流れ着いた朽木を割ってクワガタ幼虫を採取しているときに、偶然飛んできました。 朽木にはタマムシ幼虫の食べかす(サラサラした砂のような朽木の残骸)もあったので、 そういうことに卵を産んでいるのだと思います。 あとは木材置き場などにもいる可能性があります。 自分は羽だけ木材置き場で見つけたことが一回あります。 メスは卵を産みに朽木に来るため、オスより採取が簡単です。 幼虫も飛ばないで自然界なら確か4年ほど同じ木の中にいるため、それを採取するのもいいと思います(方法としては斧などで、木を慎重に砕く)。幼虫は菌糸瓶で人工飼育すると早く成長するそうです。

1人がナイス!しています

0

激レアについて激しく同意です。 ケヤキ並木で1度捕まえたことがあります。 それが捕まえに行った訳では無くて、バスを降りてふと見上げたらケヤキの幹に止まっていたのです、奇遇なものです。 緑っぽい不思議な光沢でしたが、どう飼っていいのか分かりませんでしたが、ケヤキの葉を入れてしばらく飼っていたように思います。 1200年前から装飾品にもなっている昆虫ですが、数は少ないんだと思います。 そっくりの形をした、茶色いウバタマムシというものも一度だけ見たことがあります。

1

私は茨城県の埼玉寄りの地方で育ちましたが田舎で1度、千葉県の岩井海岸近くに仕事で行きそこで1度見ました、大和タマムシは滅多に見られないですね、何かで見たんですが埼玉県にタマムシの里とかがあるそうで1度調べてみるといいと思います、タマムシの厨子が国宝ですが大昔はそんなにいたんですかね、

1人がナイス!しています