北条義時が13人の御家人の中で生き残ったのは何が優れていたからですか?

日本史 | ドラマ1,381閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

2人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(8件)

0

何より大きかったのは、頼朝の側近として行動し、頼朝亡き後、鎌倉政権の権威として最高の地位にあった頼朝の未亡人政子と密接な関係を維持できたこと。 さらに彼が政権中心に立つ以前に、父時政などの策謀でライバルになりうる畠山や比企能員、梶山景時らが排除され、さらに父時政も排除した。その後、和田義盛ら有力御家人の排除にも成功するが、その際、政子と常に連携し、鎌倉に隣接する地域の有力者である三浦義村との連携も崩れなかった。これにより、義時の地位は揺るがないものになっていった。

0

「北条義時が13人の御家人の中で生き残ったのは何が優れていたからですか? 」 強いてあげれば,出しゃばらなかったことでしょうか. 昔から「出るくぎは打たれる」と言われている通り,義経しかり,上総広常しかり,等々.

0

実史では、ライバルの御家人を、陰謀で次々と殺害していき、政治を独占出来る立場になったのですよ。