なぜイタリア語には卑語や罵倒語が多いのでしょうか?同じ「バカ」でも何種類もの言い回しがあったりします。「ち◯こ」を表す単語も多いですが、これって何個もある必要あるんでしょうか?

イタリア語121閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

それは日本語や英語なども同じことで、特段イタリア語が多いとは思いません。 揶揄、罵倒する言葉、シモの言葉は、ある意味人間の汚い感情の部分や、欲望に直結するところで、歴史的に、あるいは地域で多様に表現されます。その必要があるかと言われたら合理性はないように思いますが、日本語でもバカ、アホ、ボケ、マヌケ、たわけ、唐変木…とそれぞれに味わいというか、話者の思いもこもるわけで、それが今に残っているということは、要所要所で少なからず必要とされてきたのだと思います。

1人がナイス!しています