回答受付が終了しました

法隆寺がクラウドファンディングって?

日本史3,644閲覧

回答(9件)

2

御朱印とかプレゼントがあったようです。 ふるさと納税の返礼品みたいな感じでしょうか。コロナ禍や遠方で法隆寺に行けない御朱印コレクターの方は喜んでましたよ。

2人がナイス!しています

1

これに関して、リターンは限定御朱印や参拝券です。 目標2000万円に対し、すでに9500万に到達されてますね。

1人がナイス!しています

6

自分もこのニュースを知ったときに、柿食って鐘を鳴らす権利でももらえるのかな、と思いました笑

6人がナイス!しています

4

既に回答はありますが、金額に応じた見返りはありますよ。 クラファンのページは検索すれば出てきますからご自分で見てみてください。 どの金額に何人寄付したかもわかります。 クラファンは投資だから見返りを求めるのは普通ですが、見返りは別に金銭的なものとは限りません。今回の場合は法隆寺の存続そのもの、あるいはその文化財の存続がクラファン出資者にとっての見返りと言えるでしょうね。守りたい宝だと思う人が大勢いて、クラファンに多額のお金が集まったということです。この宝が一旦失われたらもう取り戻すことはできません。つまりお金に換算できないくらいの価値(見返り)があるということです。 文化に対するものは寄付と投資ってベースにあるものは同じだと思いますよ。得るものはとてつもなく大きい。そこに納得した人だけがクラファンに参加しています。

4人がナイス!しています

この返信は削除されました

6

クラウドファインディングですから、出資者限定の特典があります。 ・国宝百済観音の足元にある奉経室に出資者の名前を書いた御札を奉納 ・法隆寺のご本尊、金堂の釈迦三尊像を梵字で顕した限定御朱印 ・聖徳太子十七条憲法第一条の版本を扉に印刷したオリジナルの御朱印帳 他にも色々あるようで、世界遺産で国宝でもある法隆寺に自分の名前が残されることと、数々の記念品等、他にはない特典があります。 一般的にクラウドファインディングは投機ではなく、賛同した人が出資することで、その成果物等を現金の代わりに受け取るシステムなので、この内容に納得できる人だけが現金を拠出すれば良いということです。

6人がナイス!しています