日経平均株価、ダウ平均、めっちゃ下がってますね。 この先、どこまで下がると思いますか? 勝手に予想してほしいっちょ。 よろぴく。

株式 | 企業と経営567閲覧

4人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(11件)

0

ウクライナ紛争で一番得をしてるのはどこでしょう? 紛争終結までダウは上がります

1

予想は、反対から読むと「うそよ」になる、と野村克也の著書に記載されていたのを思い出しました。

1人がナイス!しています

4

日経平均がめちゃ下がりと言いましても、民主党政権下で8000円台とすると、政権末期の最高値で24448円でして、およそ3倍にまで膨れ上がり、現在値がそれよりも高い水準で、31000円を試す勢いからの押しであり、専門家の中には調整と考える人も多く、高値水準でエントリーした人が爆下げと言っているだけで、アベノミクス前からエントリーしている投資家さんはウハウハ継続中で、むしろ空売りで利食われている人も多いようです。 アベノミクススタート時のダウも13000ドルで、2022年初で36952ドルですからおよそ3倍です。 2割程度の下げはまさに調整といえるでしょうね。 円安傾向が日本株には多少好材料かとは思いますが。 25000円くらいが節目となって、年後半には28000円~30000円くらいで落ち着くのではと思います。

4人がナイス!しています

0

日本株に主体性はないので、ダウ中心に考えますと、ヒストリカルのPERは15倍程度。 足元は17倍まで下がりました。足元の状況はほぼ織り込んだので、ここから先は企業収益次第。下値の目処は26000くらいと思ってますが、実際にはそこまで下がらず28000くらいで留まりそう。ただ、今後一年はインフレ懸念が根強く、企業収益も弱含みのため反発力も弱いかと。