ID非公開

2022/6/18 21:52

77回答

大阪大学の研究でお酒やタバコを嗜む人は主観的な幸福度が低いとのアンケート結果があったそうですが

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(6件)

1

① >お酒やタバコを嗜む人は主観的な幸福度が低い 飲酒や喫煙は、脳に働きかけて、一時的な快感を得ることができます。 しかも、その快感への依存傾向があります。 そのため、常に飲酒や喫煙に頼らなければ、多幸感(快感や幸福感)を得ることができないのです。 なので、飲酒や喫煙を急に辞めた場合、多くの人は多幸感をこれまで飲酒や喫煙に頼って得てきたため、代わりの多幸感を得られず鬱になってしまいます。 一方、もともと飲酒や喫煙以外で多幸感を得てきた人は、自分で幸福感や快感を見つける術を知っていると言えます。 ② > 利他的なひとは主観的な幸福度が高かった すべての哺乳動物は、種の保存のために、行動した際に、ご褒美として、快感を得ることができます。 たとえば子孫を残すためにSEXすれば性感を得られます。 自分を守るために栄養を取れば美味しく感じます。 体を休めるときに眠れば、それも快感を得られます。 余談ですが、自分を守るために逃げた際も、快感はあります。 その快感は鬼ごっこなどを体験すれば理解できると思います。 そういった、快感を伴う本能の中で、分配欲求や群れ欲求というものがあります。 自分の直接の血縁者でなくても、同じ群れの仲間に、何かを与えたり、触れ合ったり、優しくすることで、種の保存のための快楽物質を得ることができるのです。 なぜ、そうなっているかというと、それが種の保存のために、良いことだからです。 種を守る、種を残す、そういった行動には必ず報酬としての快感が生じることを理解ください。 なので、利他的な行動をとることは、哺乳類のもともとり分配欲求や群れ欲求が満たされ、幸せを感じるということになります。

1人がナイス!しています

0

ひと昔前と比べたら喫煙者に対する風当たりは強くなり、喫煙可能な場所もどんどん減りつつあります 喫煙者にとって冬の時代ですから、そういうアンケート結果になるのもわかる気がします

0

不幸なのと タバコやお酒にすがるのも同時であり、幸福度が高いのと利他的であるのも同時であると思われます。

0

因果関係は不明と結論付けられているので予測は市場動向によるものかもしれません。 それよりは世帯年収1500万以上は幸福度が低くて収入が上がっても幸福度は上がらず、低所得者が少しの収入増で幸福度が増すってことが単にタバコやめてその分のお金が残って幸福度だと感じている人が多いってことでしょうね。 2005年の論文なので調査はそれ以前で規制緩和が少ない体制的な市場背景があり、中間管理職や経営陣など職責の重い人が不況の悩みを抱えていたことが要因かもしれません。その時期の男性喫煙率が高いことも示されていて職責と接待など飲酒や喫煙する機会の多さとストレスの関係あるかと思います。 上記の低所得者層が禁煙する要因としてはこの時期から禁煙ブームが起こりタバコ税の大幅増税による禁煙が増加した背景もあるかもしれませんね。タバコやめて小遣い増えて幸せって低所得者層が多かったから非喫煙率が効果的に上がったんだと思います。