回答受付が終了しました

「たたら」製鉄の語源がはっきりしません。 なのになぜ、日本古来の製鉄法を「たたら」と言うのでしょうか? 製鉄所もしくは製鉄を「たたら」と言うのは 全国共通ではなかったようです。

補足

16世紀以前の資料に 「たたら」が製鉄炉であることを示す記述はありません。 尼子文書から、 16世紀半ばにはその地域で「たたら」という 言葉があったことが判りますが、 これは税として 領民から鉄を徴収したとの意味のようです。 周防大内氏は、 製鉄技術を持って百済から帰化した言われ、 大内多々良朝臣と名乗ったとのこと。 大内→→→鉄→→→多々良のつながりから、 後になって その地方で鉄関連のことを「たたら」と言った・・・ のではないか?小説的発想です。 秘伝であったことから、 律令時代に「たたら」に関する資料はない、ようです。 日本古来の製鉄の研究は、 明治時代の技術と知識が土台となっている、 と、以前日立製作所のウェブサイトにありました。 明治時代に「たたら」と言ってたから、 学者が和鋼製鉄炉を「たたら」と言っただけのようです。

日本史 | 日本語988閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

回答(11件)

2

たたらは「踏み鞴」のことで、後に炉や建屋全体もたたらと呼ぶようになった、と言うのが一般的な解釈のようです。 タタラの語源ははっきりしませんが、こういう謎の言葉は大抵、外来語です。 古語朝鮮語で「もっと加熱する」という意味だと言う説や、 あるいは窪田氏はたたらを韃靼語の「タタトル(猛火)」が語源だと主張し、一方で安田氏の、インドでは「熱」を意味するタータラが語源だとする説もあります。 日本は基本的に直接製鉄法で、これは中国南部、江南あたりからもたらされたと思われ、九州南部には弥生時代の遺跡と思われる製鉄所がいくつも見つかっている。 一方で河北は間接製鉄法で、半島経由での伝播は後代で主流になっていない。 そう考えると、個人的には非常に古い時代に入ってきたインド語源、とする説を推します。

2人がナイス!しています

0

これはうろ覚えなんですが、 たたら製鉄が日本に広まったのは 慶長時代頃(関ヶ原の頃)じゃなかったですか? それ以前を「古刀」といい たたら製鉄で打った刀を「新刀」と呼ぶようになった。 って聞いたような記憶がありますけど 根拠・文献なんかは見たことありません。 製鉄ではなく日本刀関係の文献を探された方が良いかもしれません。

2

葦の根に多く集積される鉄分で製鉄した・・・ それは、湖沼鉄(リモナイト)のことと思われます。 この製鉄方法は世界的には例がありますが、日本では確認されていません。 でも、考古学の実験では成功しているようです。 異説・たたら製鉄と日本刀 (ohmura-study.net) http://ohmura-study.net/400.html リモナイトによる製錬実験(1)広島大学 https://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/38461/20151117103358998134/Koukogakukenkiyo_7_85.pdf 阿蘇(あそ)の語源と関係するかも知れませんが、もし、「たたら」の語源と関係するなら、熊本県(「魏志」狗奴國?)で使われていた鞴を指す言葉かも知れませんね。? いづれにせよ、論証が難しい語源の世界です。

2人がナイス!しています

回答受付時間が残り少ないので、最後に質問者さんへのお礼を云っておきます。 じつわ、私、この質問があるまで、 鍛冶に使われた鞴が、「たたら」とも考えられることは知らなかったんです。 「日本書紀」一書の天羽韛(あまのはふき)が「あまのはたたら」とも読めることを初めて知ったんです。 感謝です。

2

参考程度で願います。 樂樂福(ささふく)神社が島根県日野市にあるのですが「樂樂」は付近で産出する良質な砂鉄を表し「福」は吹く、つまりふいごです。 神社伝承では、樂樂+福でたたら製鉄とのこと。 加えて「たたら」は中国山地・山陰地方に色濃く残っているので地域性もありそうです。「たたら場」は、砂鉄を採り、木炭を焼き、炉に火を入れて製鉄を行う人達が、季節的にも暮らす住居も含めた「集落」を指すと思います。 いずれにしても半島から入って来た製鉄法が山陰地方オリジナルで根付いて全国に広まったのは間違いないでしょう。北部九州地方は船で渡った方が手っ取り早い。 砂鉄に限らず、斐伊川河岸に育つ葦の根に多く集積される鉄分で製鉄したという文章も見た事があります(すみませんが何で見たかは忘却の彼方)。 何某か一点部分じゃなく、砂鉄・木炭・炉・ふいご、などなど条件が整う「製鉄法」を言うのではないかなと思うのですが主観ですので最初のとおり参考程度で。 全国的にある「たたら場」は、意外と日立製作所さんがいい線行ってんじゃないでしょうか。

2人がナイス!しています

葦の根に多く集積される鉄分で製鉄した・・・ 古代のかなり以前から製鉄が行われていたということで 興味深い文献です。 読めないことが残念です。