同居人が、ウサギを貰ってきました。 私は動物嫌いですし潔癖のきらいがあるので世話はしたくないし責任は取れないと伝えたのですが、半ば強引にです。

2人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一番納得のいく回答でした。肉として美味しく頂くか、愛玩動物として撫でるか、どちらも趣味嗜好の範疇と言われたら納得がいきます 動物をペットショップから購入しても、スーパーの食肉コーナーで購入しても、動物園で眺めてたとしてもそれは、エゴですね。ただそのどれもに価値があるとしたらわたしたちを楽しませてくれる動物様に感謝しないとですね。 ありがとうございました。

お礼日時:7/1 3:56

その他の回答(14件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

1

それは、あなたの育ち方と経験からなのでしょう。 他人にも感心が無い/薄いのでしょうか? ペット動物に関して、頭が随分と固いですね

1人がナイス!しています

1

動物が好きか、嫌いかは個人の感覚なので、イコール心が優しいかどうかにはなりません。 牛を食べて小動物を可愛がることについてですが、 まず一つ目に、動物が好きな人でも、全ての生き物が可愛いと感じるわけではありません。うさぎが可愛くないと思う人もいれば、ゴキブリが可愛くないという人もいるでしょう。そういう点で考えると、牛が特に可愛いと思っていなければ、食していて強い負の感情は生まれないと思います。 二つ目は人間が肉を食すのは生物的に当たり前のことだからです。 人間は雑食として進化してきました。 直近の祖先のお猿さんも、肉と植物を食べる雑食です。 当然ながら、知能の高い猿も他の生き物を可愛いと思う感情はありますし、人間が肉を食べてうさぎを可愛がってもなんら不思議はありません。 要するに「食料」と「愛玩」は違うものです。 食肉を楽しむ人間の心理についてですが、そこは人間の素晴らしい面だと思っています。 食を通じてコミュニケーションをとり、犠牲となった命に感謝をして食べることができる。だから、命を「頂きます」。 という言葉があります。 決して命を奪うことを楽しんでいるわけではありません。

1人がナイス!しています

2

命が平等では無いからです。 植物も命があるし、昆虫や細菌やウイルスにも命があります。 様々な命がある中で、どこかで線を引いて、人間はものを食べて生きているし、自分に害悪な命は排除しているのです。 その線引きは人によってそれぞれで、あなたと同居人が違う場所で線を引いているだけ。 同居人の引いている線もエゴですし、あなたが引いている線もエゴです。 全ての命に配慮するなら、何等かの細菌を唾液や胃液で殺さないように、何も食べてはいけません。どこかで線を引いて、自分の都合よく解釈して、何かを殺しながら生き物は生きているのです。

2人がナイス!しています

0

動物病院の院長先生は 離婚されました。 耐性や免疫があるのは 触っているご本人だけです。 家中の者が迷惑します。

0

わたくしも動物はダメです。 かゆくなります。 同居人がいるのに急に動物連れてくるのは ペットハラスメント、アニマルハラスメントに該当しますね。 論外ですね。