ハリーポッター謎のプリンス(原作)にて、ロンが最後のほうで「スネイプは、ハリーが自分の昔の教科書を使っていることに気付いていたのに、

外国映画 | 小説258閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

7

7人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一番ナイスが多い方をベストアンサーに選ばせていただきます! やっぱり持たせておいたのはわざとですよね。ハリーポッターを読めば読むほど、ハリーはずっと誰かに守られていたんだなぁと思います。 ありがとうございました!

お礼日時:6/28 0:59

その他の回答(3件)

0

他の方の回答にも あったように わざと!でしょうね ハリーが持つ必要があった。 それによりフェリックスフェリシスを 手に入れたのですから。 でも、ストーリーの必要性で 流れた話しであり ここに 埋め込まれたサブストーリー性はないかと思います

0

他の回答者さん達の仰る通り、スラグホーンが隠していたトム・リドルが分霊箱を作ろうとしていた証拠の記憶を確かめるためのダンブルドアの指示によってだと。フェリクス薬を使って成功するところまで先読みできていたフシが。作者のJ・K・ローリングさんによるとスネイプは登場人物すべての中でも1番複雑な人として描かれているとか。優秀な人でもあるためスパイ活動と教師と純愛が並び立つことができるんだと思います。抱えるものが多すぎますよね。

4

質問者様のお考えの後半に賛成です。 おそらくスネイプは、自分の教科書をハリーが使っていることに早くから気づいていたでしょう。クリスマスのとき、スラグホーンはスネイプの前でハリーをほめたたえ、「生ける屍の水薬ーー1回目であれほどの物を仕上げた生徒はひとりもいないーーセブルス、君でさえ……」と言っていました。それまでも薄々は察していたでしょうが、この時点でスネイプは、ハリーがスネイプの教科書を使っていることを確信したはずです。 当時のダンブルドアにとって、ハリーがスラグホーンのお気に入りであり続けることは、何より大切でした。スラグホーンはトム・リドルについての情報を、ホークラックスの件も含めていろいろ知っている人だったからです。 スネイプの教科書がハリーの手に入ったのは偶然だったと思いますが、ダンブルドアがそう仕向けたという可能性も否定はできません。スラグホーンはハリーを教えたがっているが、ハリーには教科書がない。それはダンブルドアも知り得ることですから。 偶然にしろ仕組んだにしろダンブルドアは、あの教科書について何も言わずハリーに使わせ続けるよう、スネイプに指示していたとわたしは想像しています。 たしかにスネイプは忙しすぎますね。心身ともに。 教科書を読み上げるだけのビンズ先生や、自分の興味のままにいきあたりばったりの授業をするハグリッドと違って、授業の準備もその都度きちんとやっていたようですし……

4人がナイス!しています