回答受付が終了しました

リニアモーターカーって計画中止したほうがよくないですか?これまでさんざんダラダラ実現してこなかった事業なのに何で最近なって無理やり作ろうとしてるのかワケが分からん。私が少年だった90年頃には既に技術的に

5人が共感しています

回答(37件)

5

>そもそも少子化で国家機能喪失が近い日本 22世紀の日本は 生身の人間が減り、ロボット国民が過半数を超えると思います ですから、人口問題を理由にリニア建設に反対するってのは・・・ちょっと、違うと思いますね 反対する人がいるとすれば、出張の楽しみが減るビジネスマンとかビジネスホテル経営者でしょう

5人がナイス!しています

9

リニア新幹線は、現在、建設中の東京から名古屋(将来的には新大阪)迄で終了でしょう。 需要が見込める東海道新幹線と並行する区間以外は、採算が取れないと思います。 何故なら、東日本大震災以降で、時代は転換点を迎えたからです。 最近の電力不足、電力価格が上昇しまくっている現状にも関わらず、電力効率の悪い(電気バカ食い)のリニア新幹線は時代に即していません。 今日も明日も東京電力管内は電力不足で、節電要請が出ている事実があります。 これで電力消費量の多いリニア新幹線が営業走行を始めたら、どうやって電力を賄うのでしょうか? 私は、疑問で仕方がありません。 リニア新幹線に貴重な電力を使用する位なら、人の命を守る為に、エアコン用に電力を使った方が100万倍くらいましだと思います。 日本の電力の大半は、基本、海外からのLNGや石油/石炭を輸入する事で、火力発電を行っています。 日本が自給出来る電力は、原発が再稼働出来なければ、水力と地熱発電しかありません。 太陽光や風力発電は不安定な電源であって、主力にはなり得ません。 リニア新幹線は、例えるならコンコルドであって、燃費の悪さと環境破壊(排ガス規制をクリア出来なかった)事から、将来的には淘汰されて、決して鉄道の主流にはなり得ないと思います。 それに加えて、今回のコロナ禍により、リモート会議で代用出来る事から、それ以前のような出張需要も減り、リニア新幹線の存在自体(=新幹線以上の速達性)が以前程の必要性が無くなったと思います。 これからの時代が求めているのは、電力消費が少なく、電力効率のいい進化したフル規格新幹線や建築限界が在来線と同じで済むミニ新幹線だと思います。 個人的には、基本計画路線などは、もっとミニ新幹線を活用する方法を考えた方がいいと思います。

9人がナイス!しています

4

地域住民の反対も多いです 大切な山を伐採したりする必要もないです。何よりも自然を守ることが必要 強硬手段に出てるやり方も気に入らない リニアに限らず、高速道路を増やしたり、一般道路を増やしたり無駄ばかりです 現状ある道路だって補修に手が回っていない状況なのに政府は無能としか言えません 利便性をこれ以上、追及する必要は一切ない

4人がナイス!しています

10

「新新幹線」を作り始めていると思えば理解しやすいです 電車だと今の新幹線の500キロが限度です それ以上にするならリニアしかない 東海道新幹線も大分老巧化している いずれ大規模整備が必要 しかし東海道新幹線は既にインフラ化しているので停止はできない、代替線が必要

10人がナイス!しています

10

昭和39年に開業した東海道新幹線は、まもなく60年近く経過したが、未だに全線でリフォームした事が有りません。 年月の経過と共に、一旦期間運転を取り止め、基礎から工事をし直さなければならないのに、輸送力が増加した為、それが出来ない。 【例】 富士川鉄橋の設備の老化(取付ボトルの錆) 長大トンネル内部の保守(小田原〜熱海間のトンネルで、常に滝の様に地下水が吹き出している。) 、、等、 一旦運転を取りやめて、保守工事をしなければならない箇所が多数有ります。 しかし、仮に東海道新幹線を一ヶ月間止めてしまうと、それだだけで、その年のJR東海の収支は赤字となる。内部留保を持ち出しても、下手をすれば、倒産の危機となってしまう。 また、日本の経済も止まってしまう。 そこで、東海道新幹線が一定期間止まっても、代わりとなるバイパス路線が必要です。 それ故、中央リニア新幹線の必要性があるのです。 今後20〜30年以内に、南海トラフ地震が予想されているだけに、リニア開通は日本の経済、及びJR東海会社の死活問題となるので、私は必要と考えます。

10人がナイス!しています

私は過去、仕事で30年以上東海道新幹線を利用しています。 昔のことわざで、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川〜」、、がありますが、つくづく感じる事に、大井川の水量が昔から枯れているのを見掛ける点に気が付きます。 四季を問わず、ズボンの裾を上げれば、簡単に渡れる水量です。 私は少なくとも30年間、その景色を確認しています。 静岡県としては、「お茶農家の死活問題」〜、、と言ってますが、30年前からこの程度の水量で、どうやって凌いでいたのか不思議でなりません。 原因は、田代ダムから大量に富士川水系へ、水を横流ししたのが原因でしょう。 この状態を、静岡県知事は放置して置いた事になります。 私の確認したところ(=東海道新幹線の車中から見える範囲では)、昔からお茶農家へ使うほどの水量はありません。 従って私は、静岡県知事が、「リニア工事により、お茶農家が影響する」〜等と、言う根拠が有ません