日本在住のブラジル人にたずねたところ ポルトガル語とスペイン語の違いの差は 日本語の関西弁と関東弁?の違いより小さいそうです。

言葉、語学 | 海外生活383閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました。 勉強になりました!

お礼日時:7/10 13:41

その他の回答(6件)

0

イタリア人とスペイン人が母語同士で話しても、なんとなくわかるそうです。 スペイン人とポルトガル人は、もっと近いようです。 ですが、フランス語とドイツ語は同じ欧州とは言え、言葉の系統が全然違いますので、通じません。(ゲルマンとラテン) スペイン語とポルトガル語が似ているのは確かですが、やはり違いはあります。 むしろその二つを混同することなく使い分けるという点ではすごいと思いますよ。 以前、イタリア語とスペイン語は似ているので同時に勉強したら省エネかなと思ったのですが、混乱してしまって無理でした。

0

ブラジル語とポルトガル語の違いが日本語の関西弁と関東弁に近いと思うが 外来語が全然違うのでブラジルで苦労した経験ある ある程度の意志疎通ができるという意味なら、スペイン語とポルトガル語以外にスウェーデン語とデンマーク語やノルウェー語でも、お互い会話しているのは良く見るね

0

ですね。ラテン系の言葉は似てるらしいです。 ポルトガル語、スペイン語、フランス語、イタリア語などは。 英語、中国語、広東語、日本語、あたりを全部しゃべれたら凄いと思います。 中国語と広東語はもう全く別言語らしいです。

0

そうですね。 だから、スペイン語とポルトガル語とフランス語とイタリア語の4ヶ国語が話せるって言われても、全然すごいと思いません。 英語と中国語とロシア語とアラビア語の4ヶ国語ならすごいと思います。