威妥玛(Thomas Francis Wade, 1818–1895)是英国外交官、著名汉学家。1842年,威妥玛跟随英军到中国,此后留居中国长达43年之久。

中国語 | 中国史36閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

助かりました、誠に有難うございます。 谢谢您

お礼日時:6/28 16:57

その他の回答(3件)

0

トーマス・ウェード(威妥瑪、Thomas Francis Wade, 1818~1895)はイギリスの外交官で、有名な漢学者である。1842年、トーマスはイギリス軍とともに中国に到着し、その後中国へ43年の長きにわたり留まった。 1869年から1882年、トーマスはイギリスの中国駐在全権大使となった。1876年、彼は「マーガレット事件」に仮託して清政府を脅迫し中英煙台条約を署名させイギリスの中国での特権を拡大した。 夙に17世紀の初め、中国に来たイエスズ会士マテオ・リッチ(Matteo Ricci)、ニコラ・トリゴー(Nicolas Trigault)などの人が、西洋人の中国語名称の音訳に対する需要のために、かつてローマ字母で漢字の注音を試みた。アヘン戦争以後に、中国へ来たプロテスタントの宣教師モリソン、メドハーストなどの人も26文字の字母で漢字に注音して、「ウェード式」ラテン(ローマ)字表記法創設の基礎を築いた。

0

トーマス・フランシス・ワド(1818-1895)は、英国の外交官であり、著名な漢学者です。 1842年、ウィトマはイギリス軍に続き、43年間中国に滞在しました。 1869年から1882年まで、ウィトマは中国の英国公使を務めた。 1876年、彼は「マカリー事件」を利用して、清政権に中国と英国のヤンタイ条約を締結させ、中国での英国の特権を拡大するよう強制した。 17世紀初頭、中国に来たイエズス会のマテオ・リッヒ、ニコラス・トリグウルトらは、西洋人の中国語名の翻訳のニーズを満たすために、ラテン文字を漢字として発音しようとしました。 アヘン戦争後、中国に来たプロテスタント宣教師のマレソンやマドスらは、漢字に26文字を発音し、将来の「ウィトマ」ピンインプログラムの基礎を築いた。

0

トーマス・フランシス・ウェイド(1818–1895)はイギリスの外交官であり、有名な中国学者でした。 1842年、ウィトマはイギリス軍を追って中国に行き、その後43年間中国に滞在しました。 1869年から1882年まで、ウィトマは英国の中国全権大臣を務めました。 1876年、彼は「マーガレット事件」を利用して、清政府に中英煙台条約に署名させ、中国での英国の特権を拡大させました。 早くも17世紀初頭、中国にやってきたマテオ・リッチやニコラ・トリゴーなどのイエズス会は、西洋人の漢字の文字変換のニーズを満たすために、漢字にラテンアルファベットを使用しようとしました。オピウム戦争後、中国に来たプロテスタントの宣教師モリソン、マドゥスなども、26文字の漢字を音声で表現し、将来の「ウィットマースタイル」の音声プログラムの作成の基礎を築きました。