回答受付が終了しました

ID非公開

2022/6/23 3:22

66回答

2022年4月に新卒で入社しました。

回答(6件)

0

「法テラス」に行って無料相談をしては如何でしょう。 3回まで無料で弁護士が対応してくれます。 一回30分ですので説明できる簡単な資料を作る事をお勧めします。 方法があればそのまま弁護士に案件を依頼できますよ。 費用は分割無利子で月額1万円位です。法テラスは金銭面で泣き寝入りをしないで済むように設立された国の機関です。 相談だけなら本当に無料です。行く価値はあると思います。

0

残念ながら… あなたが不当だと感じたなら、そういうことをする会社には共通のニオイがあります。 次にそんな会社に引っかからないヒントにすれば良いと思います。

0

仮に労基署が完全に不当解雇に当たるとしてもそれは単なる労基署の見解です。不当解雇かは裁判所が判断する事になります。よって貴方は現状不当解雇の可能性が有るという状況です。企業が従業員を解雇するには正当な理由が必修です。会社が不当解雇した事を認めているなら問題なく解雇予告手当を支払う法的義務が有りますがまず企業が認める事はあり得ません。よって手当を貰うには会社と話し合いするしか有りません。ただ会社に弁護士が付いているので有れば貴方も弁護士に依頼しない限りまず勝ち目はあり得ません。

0

ないですね。 最近流行ってるんですか?新卒してすぐの不当解雇。

ID非公開

質問者2022/6/23 10:47

心無い会社が増えてるってことでしょうか( ; ; ) 悲しいです( ; ; )

1

まあ、失業給付的には、貰えないですね。 即日解雇という不当解雇については、労働基準局への相談ですね。 まあ、30日分の解雇予告手当を勝ち取るかどうか、、、って感じなだけだけど。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/6/23 10:46

労基の方には完全に不当解雇に当たる、とは言われているのですが当方社会人一年目で知識もなく、職場には就労士や弁護士がついているので難しいのかなと思ってしまいます( ; ; ) 解雇予告手当という言葉すら今回の件で初めて知りました…( ; ; )