回答受付が終了しました

小1男子 すでに算数でつまずいています。 どのように教えたらいいでしょうか? 昨日の宿題でこのような問題がでました。 「えんぴつが10本あります。削っているえんぴつは7本です。

補足

たくさんの方にアドバイスいただき、本当にありがとうございます。 すべて大切に読ませていただいております。 先取りに対してのコメントがとても多いので補足しますが、現在特に先取り学習は行っておりません。 引き算は今学校でちょうど習っている範囲であり、息子が間違えた式を書いてしまったのは学校の宿題プリントです。 半年前の幼稚園の年長の頃、計算に興味をもったので、お菓子などを使って簡単な足し算・引き算を教えたところ、問いに対して答えはわかるのに「式を立てる」ということが理解できなかったようで、今回のように答えを盛り込んだ式を立ててしまっていました。 その頃は、学校で教わればできるようになるだろうと気にしていなかったのですが、実際学校で教わるようになっても理解できないようだったので、今回質問させていただきました。 誤解を招く書き方で申し訳ありません。 我が家では、子供が興味を持った時が一番の教え時だと考えているので、幼児に引き算を教えたことへの批判等はご遠慮いただければ幸いです。

算数 | 小学校1,636閲覧

1人が共感しています

回答(31件)

1

我が子と同じです。 頭の中の答えが式を書く際に混ざって、不思議な回答ができる。 式には問題に出てくる数字しか出てこないことを叩き込みました。出てきた数字に赤丸を付けて、その数字だけで式が書けているかを確認させました。足し算も同様で5+3=8が5+8=13になるので、同じように教えました。 丸を付けることで、その数字を意識するようになり間違いも減りましたが、癖になっているようで、大きくなった今もたまに間違っていることがあります。

1人がナイス!しています

1

すでにたくさんの回答が寄せられていて、そのすべてに目を通してはいないので、内容が被っていたらスルーしてください。 あえて、お子さんが暗算でできない大きな数の文章題をぶつけてみてはいかがでしょう。そして、「筆算」の存在にも触れさせます。暗算で解きにくい繰り下がりの存在を知れれば、筆算に行き着き、計算式という、形式通りの場所に数字を置くことの重要性に気づけるのではないでしょうか。式を使わないと解けない問題があることに気づいて、式を使った方が楽であることを知るのです。 要領のいい子なら、暗算で済ませられるものをなんでわざわざ書かなきゃいけないんだ?と思っても不思議ではありません。本人に自覚がなかったとしても、重要視できないことはありえます。そもそも、計算式なんて楽をするため、便利だから作られて使われてきているものであって。今ではごく当たり前に存在するものだから、その辺りの意識は薄くなっているかもしれません。 以下、おまけ。 一方で、ごく限られた範囲のことが苦手、という障害も存在はします。他のことは問題なくできるのに、なぜかそこだけピンポイントに苦手。もしこれから同じようなことが何回も起こるようなら、そちらにも注意は必要です。適切なフォローができれば大きな支障なく成長できるのに、それを得られずに他のことにまで支障を及ぼすなどということも。過剰な心配は一切不要ですが、あくまで念のため付記させていただきました。万が一、故意でなくとも、お家の人が「なんでできないの?」とご本人を責める形になってしまうと最悪な展開開幕となるので。

1人がナイス!しています

1

えんぴつが10本 削っているえんぴつは7本 10-7=3なので、 とっさに頭で計算して7と3が出てるのかもしれないですね。 「7-3=4 」なので、44になったのがわからないけど、間違えて2つ書いたのかな? でなければ、算数障害でしょうかね?

1人がナイス!しています

0

「7-3=4 4本」 これがどこからくるのか?が分かりません。 計算問題は解けるけど、 文章題が苦手なんだとおもいます。 文章題が苦手ということは 国語や、会話はどうでしょうか?

本人の頭の中では「削ってない鉛筆は3本」という答えがすでに出ているようです。 そこで「そうだね、答えは3本だね。じゃあ式を作ってみようか」というと、なぜか7ー3という式を作ってしまい、「7-3=4??あれ、おかしいな…」となっている感じです。

0

文章を読む限り算数が苦手と言うよりも、文の意味を分かっていないのかな?と思いました。 もしくは文章から式を組み立てるのが苦手なのか? 普段の国語はどうでしょう? 国語の読解が苦手なようなら、文章を本でも図鑑でも良いので、読み取る練習をなさっても良いかもしれません。 公文の国語やおはなしドリルなど短い文のドリルなども継続すると読み取る力がつく場合もあります。 国語の読解は得意なのに間違えてしまう場合は、単に焦って大事な部分を読み飛ばしている可能性が高いです。 その場合は家では声を出して読ませたり、読んだものを簡単な絵や図にして描かせる習慣をつけてみても良いかも。 文章だと読み飛ばしてしまうけど、図にすると理解する場合もあります。 読解力でも読み飛ばしの問題でもないなら、単に今は式にするのが苦手なだけかもしれません。 その場合は学校で何度もやって慣れるか、家でも慣れるしかありません。 ただこの場合も図にしてみるのは有効かもしれません。